『カフェ アパショナート 広尾(Cafe Appassionato)』- シアトル発!最高品質のコーヒーが飲めるお店

カフェアパショナート広尾

Romyです。

久しぶりに広尾で夜にナレーション収録の仕事があったので、新しいカフェの開拓をしてきました!

有栖川公園に行く途中の左側にあるカフェ『カフェ アパショナート』

 

いつも目の前は通ってましたが、1階のテラス席だけなのかなと思って入ったことがありませんでした。

でも事前に調べてみたら、2階にも狭いなりに席があるとのこと。それならば、と行ってみました!

 

ところでカフェアパショナートは、シアトルにあるスペシャルティーコーヒーロースターだそうで、その日本支店が東京丸の内や広尾にあるとのこと。

公式サイトを見てみたら、

カフェアパショナートのコーヒーは全て、世界で生産される上位5%の極上の最高品質アラビカ種豆のみを使用しています。標高1500メートル以上で栽培された豆は寒暖の差により実がひきしまり、最高のコクと香りを持ったコーヒーです。

「酸味が低く、深いコク、豊かな香り、苦味のない後味」、これがカフェアパショナートコーヒーの極意です。その特徴を決定する要素こそ、「厳選された最高品質のアラビカ種コーヒーの使用」と「独自の焙煎方法で低温度長時間ロースト」なのです。“胃に優しい一杯”それが、カフェアパショナートが求める毎日飲めるコーヒーなのです。

といった記載があったので、美味しいコーヒーに期待を膨らませて行ってきました♪

 

さて、私は16:30頃入店。

1階で注文とお会計をして、狭い階段を登って2階へ。

 

最初は全部で3組いて、近所のマダムらしき方々がママ友談義に花を咲かせていました。

でも夕方だからさほど混んでなく、ゆったりした感じ。

 

私はプレーンのパンケーキセットを注文(@730円)。

 

到着すると、クリームの多さにギョッとしましたが…

食べてみると、ふわっと軽く溶けていくタイプだったので案外いけました!

あと、メープルシロップが容器のまま出てきて驚き(笑)

せめて移し替えないのかしら?まぁいいけど。

 

そして私が注文したのはパンケーキだったのだけど、通常のパンケーキ生地ではなくワッフル生地だった!

でも甘すぎず、スルッとおやつに食べられるボリュームで、仕事前にもたれなくかったし良いおやつになりました(≧∇≦)

 

コーヒーはブレンドではなく、シングルオリジンのキリマンジャロがありそちらを選択。

これまた軽めの飲みやすい味で、夕方のカフェインとしてはちょうどよかったです!

本当に“胃に優しい一杯”でしたよ!!

 

最初は奥の席に座ってましたが、隣のマダムたちの話がもろ聞こえで疲れるので、窓際に移動して…

 

テーブルが小さいのだけど、そのこじんまり感がまた落ち着いて。

窓の外には緑も見えて、都心にいることも忘れて心地よい1人時間が過ごせました!

最終的に2階席は私1人になっていて、夕方は超穴場のようです♪

 

また広尾で仕事があるときは訪れてみよう!

サンドイッチも美味しそうだったし、全体的に価格帯がお手頃なのも嬉しいですね。

ちなみに広尾のオサレ・セレブ感を味わいたい方は迷わず1階のテラス席へどうぞ(笑)

 

最後に、仕事帰りの20:00過ぎに通ったときの様子。

 

『カフェアパショナート 広尾店 (caffe Appassionato)』

東京都港区南麻布5-16-8 1~2F
03-6277-0097
7:00~21:00

→ 食べログ
→ 公式サイト

 

以前広尾にある別のカフェもご紹介しています!

→ ボンダイカフェ(BONDI CAFE) – 広尾でオーストラリアのビーチ気分に浸りながらランチ♪