世界遺産であるキューバ・ハバナ旧市街を写真でたっぷりご紹介!その②【2017年GW★キューバ&メキシコ旅行記】

【2017年GW★キューバ&メキシコ旅行記 〜ハバナ・カンクン〜】
4/27(木)世界遺産であるキューバ・ハバナ旧市街を写真でたっぷりご紹介!その②

〜夫と小学3年生の息子と私、3人での家族旅行の様子を綴っています〜
→ 概要と目次、総まとめはこちらの記事をご覧ください

 

Hola!Romyです♪

ハバナの街の様子と主要観光スポットを写真でご紹介!その②は、ビエハ広場・プエルト通り・要塞・マレコン通り!

→ その①はカテドラル・路地裏・国立美術館・大劇場・カピトリオをご紹介しています

 

ビエハ広場(Plaza Vieja)

『カピトリオ(旧国会議事堂』を見たあとは、再び東方面に歩いてカフェやレストランがいくつか並ぶ『ビエハ広場(Plaza Vieja)』へ向かいました。

 

なんともかわいい広場!

ハバナ旧市街のごちゃごちゃした通り(=キャッチがすごい&汚い)をずっと歩いていたから、ここに辿り着いてホッとしました…

 

16世紀に作られた歴史的な広場らしいです。

個人的にはイタリアで見た広場を思い出し、ヨーロッパにいるような不思議な気分になりました(ハバナ全体がヨーロッパ風ではあるけど、ここは特に)。

周りにレストランがいくつかあり、喧騒から逃れてひと息つくのにオススメの場所です!!

カフェに入ったのですが、それは別記事で改めてご紹介しているので、併せてご覧くださいね(→ ハバナ旧市街・店内に焙煎機もあるコーヒー有名店『Cafe El Escorial(カフェ エル エスコリアル)』)。

 

サン・フランシスコ・デ・アシス修道院(Convento de San Francisco de Asis)

さて、ビエハ広場から海沿いの通りを目指す途中、再びこんなかわいい建物に出会いました!

 

ハバナはカラフルな建物ばっかりで、全部撮りたいくらいでした。

特にこのピンクとブルーの組み合わせがお気に入り♪

街中が彩り豊かだと、それだけで気持ちが軽くなりそうですよね!

 

その横に建つのが『サン・フランシスコ・デ・アシス修道院』。

 

私たちは中に入りませんでしたが、塔を登れるそうですよ!

 

修道院を振り返ってみると、先ほどの可愛いピンクの建物も入っています♪

このコントラストが面白いですね!

 

修道院の目の前は『サンフランシスコ広場』。もう少し行くと海沿いです!

 

プエルト通り(Ave. del Puerto)とフェルサ要塞(Castillo de la Real Fuerza)

サンフランシスコ広場を抜けると、海沿いの『プエルト通り』に出ました。

そしたらいきなりクラシックカーがたくさん停車中!

 

日本で走ってたらやや引いてしまうアメ車も(笑)、ハバナだとかっこよく見える不思議。

今はタクシーとして利用されていて、白人観光客のグループがけっこう乗ってましたよ!

…私は写真撮るだけで充分だったかな^^;

ボロボロの車が多かったけど、中には写真の車のようにピカピカにメンテされているものも!

 

このプエルト通りの左側にあるのが『フェルサ要塞』

1555年から建築が始まり、ハバナにある要塞の中では一番古いそうです。

 

庭がとてもきれいに手入れされていました。

中には武器を展示した博物館やカフェもあるみたいです!

 

フェルサ要塞を訪れる観光客が多いのでしょう、バスや車がたくさん停まっていました。

 

この付近はごちゃごちゃしていなくて、落ち着いて歩けましたよ(ていうかあまり散策しないエリアなのかな??急に人が減ったので)!

 

対岸に見えてきたのはモロ要塞(Castillo de Los Tres Reyes del Morro)

フェルサ要塞を通り過ぎると公園があり、そのまま歩き続けるとこのようにだいぶ道が開けてきます。

そして対岸に『モロ要塞』が見えてきました!

 

ということで、車道の右側に渡って歩くことに。

 

モロ要塞には、海底トンネルで運河を横断しないと辿り着けません。

私たちは対岸から眺めるだけで、そのまま歩き続けました(この頃は暑さでだいぶ意識が朦朧とし始めていたんです…笑)。

 

プンタ要塞(Castillo de San Salvador de la Punta)

おっ!目の前に要塞が現れた!『プンタ要塞』です。

ヨーロッパ諸国や海賊などの外敵の侵略から街を守るため、16世紀以降ハバナに建設された要塞の一つだそう。

 

普通にこんな大砲がドーンと道沿いに並んでいました!

なかなかの迫力です。

 

しかし水を買う場所はなかなかないし、かなりヘロヘロになっていた我が家(>_<)

(このとき初めて日本中にある自動販売機に感謝しましたよ…)

なのでこの要塞も外から見ただけで、中の博物館は見学せず。

 

マレコン通り(Malecon)

プンタ要塞を過ぎて『マレコン通り』に。

ここまで来ると歩行者はほぼゼロ!一体私たちはどこまで歩くのでしょう…

 

なぜ歩いていたかというと、ホテルがある新市街まで歩いて帰れるか?という期待をうっすらしていたからです。

何しろタクシーがまあまあ高いので…(行きは約2,300円かかりました)

でも水分補給すらままならないし、こりゃ無理でしょうという私の心の叫びは届かず…

途中こんなボロボロの建物を左側に見たり。

 

タクシーが私たちの横を通るとすかさず「タクシー??」と聞かれる。

いや〜もう何でもいいから乗せてほしいと思いながら…


遠くのほうに見えているのがハバナ新市街。

ここに来て、さすがに歩くのはちょっと辛いよなと夫も判断してくれました(暑くなければ歩けなくはないと思うけど…)。

 

歩くのは断念!タクシーをつかまえて新市街に戻りました

もう暑くてヘロヘロ、さすがに水分補給しないと倒れそうな息子と私(夫はまだ元気…)。

ホテルを見つけたのでそこに入り、ロビーラウンジでようやくペットボトルの水を買え、しばし休息。

本当にぐったりしていて、ホテルの名前すら確認できず…

 

そして目の前に停まっていたタクシーに乗ってホテルに戻りました。

これがまたすっごいオンボロ車で!

 

なぜか運転手1人じゃなくて相方?も乗車。

ガタガタと揺れながらも、なんとかホテルまで送り届けてくれました!

料金は15CUC(約1,700円)。

 

まとめ:ハバナ旧市街は好みが分かれる??

というわけで、新市街のホテルを10時頃出発し、ハバナ旧市街を散策してお茶休憩を挟み、14時前くらいに再びホテルに到着。

おおよそ3時間くらいでザーッと旧市街は歩けました!

 

ただし、その①とその②の記事をご覧いただいてわかるように…

我が家は本当に「歩いただけ」で、どこもじっくり見ることなくホテルに戻ってしまったのです(><)

私はせめて写真は撮らないと!と必死(そんな中よくここまで上手く撮れたなと自画自賛ですわ…)。

 

こうなってしまった原因は:

  • とにかく暑い
  • 観光客だからやたらと声をかけられる
  • 街中があまりきれいじゃない

この3つのせいで、特に夫が早々に嫌気を差していました。

 

治安が悪いというわけでもないし、外国に限らず日本の観光地でもお店の人やタクシーの運転手には声をかけられるので、別にハバナに限った話ではないんですけどね…

もともとそういう状況が好きでないため、のんびり観光を楽しむような気分にならなかったのでしょう。

 

本当は翌日再び旧市街を訪れようかなと思っていたのですが(今度は観光客用のバスを使って)、疲れが出てしまったこともあって行かずじまいに。

ただ私としては、「旧市街の建物やクラシックカーなど、ハバナっぽい雰囲気を楽しみたい!写真を撮りたい!」という目標はまぁ達成することができたのでよしとします。

 

というわけで、ハバナは好き嫌いがはっきり分かれる街なのではないかと!

ハマる方は本当にハマって何度も行くって聞きますしね。

我が家のように快適さを重視する方は、行くとしても1日かけて回って終わりにするのが無難かもしれません(笑)