家族で森の中の本格アスレチック「フォレストアドベンチャー小田原」へ!【体験レポ・感想・アクセスなど】

森の中のアスレチック「フォレストアドベンチャー小田原」

自然の中で遊ぶのが最近好きになってきた、トラベルライターのRomy(@romyhiromi_com)です♪

先日森の中のアスレチック(アウトドアパーク)「フォレストアドベンチャー小田原」に家族で行ってきました。

登って、綱渡りして、ジップスライドでシューっと飛んで!と非常にスリリングな体験をしてきたので、写真たっぷりでレポします!

Romy
想像していたよりドキドキ・ヒヤヒヤ体験でした… 大人も子どもも楽しめます!

 

自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」とは

自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー」のパンフレット

最近小3の息子がすっかりアスレチックに夢中なんです(YouTubeで「フィッシャーズ(@FischersHome)」さんのアスレチック動画を日々鑑賞してますw)。

それで、どこか楽しいアスレチックはないかな〜と探していたら「フォレストアドベンチャー」という施設が見つかりました!

フォレストアドベンチャーはリゾート先進国フランスで誕生しました。自然の立木の上に作られたプラットフォームと呼ばれる足場から、次のプラットフォームに渡り、最後はジップスライドで滑り降ります。標準的なコースで35〜40のアクティビティがあり、ダイナミックな空中散歩と空中遊泳が楽しめます。

引用元:フォレストアドベンチャーのパンフレット

 

公式の動画もぜひご覧ください(ちょっと長めなので飛ばしながらでも 笑) ↓

 

素晴らしいなと思ったのは、一般的なレジャー施設のように自然を破壊して作るのではなく、森をそのまま利用し環境負荷を最低限に抑えているということ。

これは5月に我が家が訪れたメキシコ・カンクンにあるエコパーク「シカレ」も同じような仕組みなんです(こちらは海)!

大人も子どもも楽しい!カンクンのエコパーク「シカレ(Xcaret)」の魅力を写真で...
Hola!トラベルライターのRomy(@romyhiromi_com)です♪2017年のゴールデンウィーク周辺、4/26(水)〜5/5(金)に子連れ旅行でキューバ(ハバナに3泊)&メキシコ(カ...

 

Romy
あまりにも「シカレ」が楽しすぎて、そういう遊び場って日本にもないかな〜と思っていたので嬉しい発見でした♪

 

もともとはリスクマネジメント能力を高める研修施設として始まったそうで、【自分の行動と安全の自己管理】+【冒険して遊ぶ】という2つの要素が融合されているとのこと。

フォレストアドベンチャーは日本第一号の富士山を筆頭に、新潟や山梨、長野、福岡、沖縄など全国にあります!

その中では小田原の施設が鎌倉にある我が家から一番近く、車で約1時間強かけて行ってきました。

 

「フォレストアドベンチャー小田原」の基本情報

アクセスと駐車場

電車だと、小田原駅からバス約15分+徒歩約7分(ただしバスは1時間に1本だそう…)、またはタクシーで約10分。

車だと、小田原厚木道路の「荻窪IC」から約1分。

 

 

ちょっと場所がわかりづらく、「小田原こどもの森公園 わんぱくらんど」に隣接しています。

地図をもらいましたが、そちらにもアスレチックがあったりバーベキューができたり、楽しそうですよ!

「小田原こどもの森公園 わんぱくらんど」

 

駐車場が公園と共有で複数箇所にあるのですが、極力「第二駐車場」に停めるようにしてください!

そうすればフォレストアドベンチャーの入口がすぐあります。

Romy
私たちが行ったときは、駐車場がよくわからず迷った挙げ句、この第二駐車場が混んでいたため、少し離れたところに停めて歩くはめに…

 

入口に看板があり、コースの詳細が書かれています。

ドキドキしますね〜!

 

営業時間・料金・利用条件・服装

営業時間
9:00〜17:00(通年・休みは不定休)

料金
大人 3,600円/子ども(小1〜17歳) 2,600円
※ファミリー割引あり(我が家は大人2名+子ども1名で計8,900円になりました)

コースと利用条件
①アドベンチャーコース:小学4年生以上もしくは身長140cm以上、体重130kgまで
②ディスカバリーコース:小学1年生以上かつ身長110cm以上、体重130kgまで

服装
・動きやすい服装と靴(サンダル不可)

→ 詳しくは公式サイトへ

・服装について:後述しますが、汚れてもいいもの&硬いジーンズではなく柔らかめのレギンスなどがオススメです!

・予約について:HPを見たら「時期によっては混雑するため、事前予約がオススメ」と記載があり、慌てて当日電話して予約しました!でも結局遅刻してしまい、次の回に回してもらえたけどね…

 

体験レポ:受付を済ませたら専用器具を付けて準備

まずは受付で料金を支払い(現金のみ)、着替えが必要な方は更衣室で着替えて余計な荷物を置きます。

スタッフルームの横に小さく荷物置き場があるけど、あまりスペースはないので最小限にしたほうが良いかと。

 

そしてスタッフさんの誘導で、専用器具を付けていきます!

この器具を命綱に毎回設置してコースを進むので落ちることはありません w

 

体験レポ:まずはスタッフさんによる実演&練習から

入場は時間で区切られていて、人数制限があるようです。

まずはグループで一緒にスタッフさんによる実演を見て練習をします。

 

施設内にあるコースは全て【木を登る→空中散歩→ジップスライドで空中遊泳】と同じ構成になっています。

その体験版をまずスタッフさん指導の元全員が練習して、無事クリアできたら実際のコースに入れるようになっているのです。

器具の使い方がとにかくカギとなるので、その説明をしっかりと聞いて覚えましょう!

また家族連れの場合は、子どもを真ん中に挟むなど、順番も大事なようです(気づいたら子どもを置いてけぼりにする方がいるそうな…)。

Romy
ポンコツな私はここで早速脱落したらどうしようかとヒヤヒヤしましたが… 問題なくこなせました(笑)

 

体験レポ:いざ、コースに突入!

さて、ここからは実際のコースの様子を写真でドドーンとご紹介します。

森の中にいる気分になってみていただければ^^

 

木の中央辺りにある丸いものが「プラットフォーム」と呼ばれる、立つ場所です。

これがまた中途半端に高くて怖いんですよ…

 

こんなネットの中を歩いたり…

 

これが一番怖かったかも??

ユラユラ揺れている中をなんとかして通過しないといけません…

 

綱につかまりながら、ステップの上を歩いたり…

 

ときどきこのように、森にまつわる質問が出てきます。

 

一つ一つのコースに難易度と器具の使い方が書かれているので、よくわからなかったら確認できます!

(コースによっては難易度の低いものと高いもの2つから選べる場合もありました)

 

ジップスライドは思わず「わーーーーー!!!」と声を出してしまいますが、それだ正しい遊び方です(笑)

 

ターザン気分でシューッと森の中を駆け抜けます!

けっこうな距離があり、最長のジップスライドはなんと106mもあるのだとか!!

 

着地が難しく、勢いがつきすぎているので汚れずに止まるのが大変!

絶対に汚れても大丈夫な服装で行くべしです。

 

ぶら下がりながら空中散歩… って大人はもうドキドキですよ!

 

と、このようなコースをひたすら登って歩いて滑って、約2時間半かけてゴールに到着!

Romy
やっと終わった!と思っちゃいましたが、息子はまだまだやりたかった様子…

 

最後にこちらでスタッフさんが写真を撮ってくれます!

(その他コースの途中でも撮影してくれ、その日のうちにFacebookページに上げてましたよ)

 

まとめ:高所恐怖症の人は要注意ですが、めちゃくちゃ楽しい!

いや〜ドキドキしまくったけど、ものすごい非日常体験で面白かったし、終わったあとに達成感が得られました!!

でも地面が見えてしまう微妙な高さって、思っている以上に怖いですね…

最悪途中で「こりゃもうダメだ…」と思ったら、コースの下をずっと歩けるので見学は可能です(実際にそういう方がいました)。

 

あと、息子と私は楽しかったしまた行ってみたいけど、夫は「登る→歩く→ジップラインの繰り返しでちょっと飽きたなぁ」と言ってました。

感想は人それぞれ、好みもあるでしょうね。

 

関東始め日本各地にあるので、自然の中で遊びたい方はとにかく一度チャレンジしてみては?

家族連れはもちろん、友だちどうしのグループやカップルで来ている方々もいましたよ♪

 

小田原は入ってませんでしたが、一部のフォレストアドベンチャー施設は日本まるごと遊び場宣言!遊び・体験・レジャーの予約【アクティビティジャパン】からも予約できるようです!



 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住・30代後半のバイリンガルナレーター/ブロガー/旅ライター。小3男子ママ。趣味はカメラ、サーフィン、コーヒ&スイーツが美味しいカフェ巡り。
海外旅行好きで17ヶ国を訪問。2017年3月より執筆中の旅メディアtripnoteで「トラベルライターアワード2017上半期・新人賞」受賞。
このブログでは、子連れでの海外&国内旅行記、ANAマイルの貯め方、地元鎌倉情報、ブログ運営など「人生を楽しむ方法」を発信しています!

プロフィール詳細
Romyのこれまでの経歴一覧とお仕事依頼・お問い合わせフォーム