小学生で初のミュージカル出演!【ロミーの過去棚卸し②】

 

私の過去を時代別に棚卸ししていくシリーズ!
”表現者としての自分” という観点から書いています。

2回目は ~小学生で初のミュージカル出演~

 

【目次】
・その① アメリカで過ごした幼少期
・その② 小学生で初のミュージカル出演(この記事)

 

5、6年生は横浜のインターナショナルスクールへ

のびのび過ごした楽しいニューヨークでの生活が終わり、日本に帰国。

両親の「英語を忘れてほしくない」という希望により、
5年生からは横浜のインターナショナルスクールに通いました。

 

実はここは最初から好きになれず…

イギリス系の学校で、聞き慣れないブリティッシュイングリッシュに苦戦。

雰囲気も ”自由” ”のびのび” だったアメリカとはちがって、
なんとなく固い感じ…

 

でもそんな中の楽しかった思い出と言えば「ミュージカル出演」!

ここでは1年に1回、ミュージカルを学校行事の一環として上演していたのです。

ブロードウェイで初めて観てから、ひそかに憧れていた舞台。
出演したい!とすぐ応募しました。

 

出演自体は希望制で、配役を決めるのにオーディションがありました。

残念ながら、主役級の役にはなれませんでしたけどね…
セリフが一言あったくらい(笑)

 

「クラウンズ」というピエロのお話で、
メイクもちゃんとして、赤い鼻を付けた記憶があります。

学校内で上演された以外にも、
横浜みなとみらいのパレードに出場したり、ステージに立ったりしました。

 

自分たちのパフォーマンスを観て、喜んでくれる人たちがいる!
楽しいー!!
私が人前に立つ快感を覚えた瞬間かもしれません。

 

***

 

そしてこのあと、日本の中学に転入。
そこからいよいよ私の暗黒時代へ突入です…

→ 「その③ 迷走した中高時代」へ!

 

ABOUTこの記事をかいた人


鎌倉の材木座在住。バイリンガルナレーター、トラベルライター@tripnote
このブログでは鎌倉周辺のグルメ・お出かけ情報、旅行記、美しい自然の写真などをお届けしています!
訪れた方のHappyやワクワクにつながりますように^^
→ プロフィール詳細はこちら