ベリーダンス教室を主催したいと思ったときにまずするべき3つのこと

ベリーダンスレッスン

Romy(@romyhiromi_com)です♪

2007年にベリーダンスインストラクターとしての活動を始め、1年ほどはスクールに所属したこともありましたが、ほぼフリーで10年近くやっていました。

しばらくは、クラスを持たせてもらえる教室を自ら探して営業をかけ(ダンススクールやカルチャースクールなど)、2010年からは徐々に自分のスクール主催をスタート。

そこからは、レンタルスタジオを探したり、ブログを通じて生徒さんを募集するなど、教室運営を1人でこなしてきました。

 

この記事では、自分の教室を開講する上で必要なことをシェアしますね!

ダンス関連に限らず、何かしらの教室を運営している・これからしようとしている方の参考になるかもしれません♪

 

スポンサーリンク

具体的にどのような教室を開催したいのか書き出してみよう

 

まずは当たり前ですが、どんな教室をやろうと思っているのか整理する必要がありますね!

具体的には

  • コンセプト
  • エリア
  • 時間帯や曜日
  • 対象となる人
  • レッスン内容
  • レッスン料金やシステム

 

などを詰めていかないといけません。

 

私の場合、何かイメージやキーワードが思いついては、メモをし、ノートにまとめ…

という作業を定期的に繰り返してきました。

個人的には、頭の中だけじゃなくて、手書きでノートに書くのが一番わかりやすいと思います。

ふと思いついたことをとりあえずiPhoneのメモ帳に打っておくのも良いです!

 

周辺ですでに教室を開催している人のリサーチ

開講したいエリアが決まったら、周辺にある既存の教室はどのようなものか調べないといけません。

  • そもそもこのエリアにベリーダンスレッスンの需要はあるのか?
  • すでに開催されているレッスンはあるのか?
  • その場合はどんな講師でどんな内容なのか?
  • ちがうジャンルのレッスンはどうか?(他のダンス、ヨガ、フィットネス系など)

 

といったことを日々チェックして分析しましょう!

 

実際に街中を歩いていると、いろいろな教室のポスターやフライヤーが目についたり、検索でもたくさん見つかりますね。

ちなみに、私が現在済んでいる鎌倉は健康志向の方がとても多く、教室ではないけど、ランニングしている方もよく見かけるし、もちろんサーファーもたくさん!

教室に関して言えば、とにかくヨガ教室が多い印象です。

そういう地域性って絶対ありますからね!

 

同業他者との関係性も気になるところ。

うまくやっていくためにも、リサーチをしてざっくり把握しておきましょう!

 

スポンサーリンク

レンタルスペースやスタジオ探し&実際に見学へ

難航するポイントなのが、実際にレッスンを開催する場所探し。

スタジオ探しには毎年のように苦戦してきたからなぁ…

  1. どんな会場が必要なのか(スペース、立地、必要な備品など)をある程度出して
  2. 希望エリアにある会場を探す(検索&街中を歩いて看板などで見つかる場合も)
  3. レンタル可能な時間帯があるか、金額などを問い合わせる
  4. 問題がなければ見学して自分の目で確認する

 

こんな流れですね、基本は。

ただなかなか条件に合う場所がなかったりするんだよね(><)

レンタル料金が高すぎたり、そもそも希望の時間帯は空いてなかったり、レンタルするにも縛りがあったり(数ヶ月、1年契約とか)、会場が汚かったり…

 

そうした場合、妥協できるポイント・譲れないポイントはどこなのか?改めて整理したり。

もう一度がんばって検索してみたり… といったことを続けます。

lesson

 

こんな感じで今日は3つのポイントにまとめてみました。

実際にはまだ他にも細かいことはあるし、集客のことには全く触れていないので(笑)、また別記事で紹介していきます!

 

★RomyのSNS(フォローはお気軽に)

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

海とカフェと旅が好きな鎌倉在住ブロガー。鎌倉・湘南エリアでの暮らしやグルメ・観光情報、旅行記、自分らしい生き方、ブログ運営など、人生を楽しむ秘訣をあれこれブログで綴っています。

仕事はバイリンガルナレーター/Webメディアの編集校正。趣味は踊ること、サーフィン、コーヒ&スイーツが美味しいカフェ巡り、読書など。プライベートでは小4男子のママ。

Romyのプロフィール&このブログについて
運営している海外旅行に関するブログ「HappyFamilyTrip」もぜひご覧ください!