深い呼吸で自分とつながる。kokoさんブレスワークセッション@恵比寿OM YOGA

セッション後の参加者の絵

京都とコスタリカを行き来しながら、NVC(共感コミュニケーション)やセクシャリティ、マインドフルネスなどを広める活動をされているkokoさん

何年か前から友人を通して知ってずっと発信は見ていたけど、今回東京で開催されたブレスワークのセッションに参加してようやくご本人に会えました!

間接的なつながりが濃いからか、初めてって感じはしなかったけど(笑)

ブレスワークとは:

普段より速いペースで意識的な深い呼吸を続けることで心や体のさまざまなブロックを解き放つセルフ・セラピーです。 チェコスロバキア出身の精神科医、スタンレー・グロフ氏が考案した呼吸法で、「一回のブレスワークは、十年分のカウンセリングに匹敵する」と言われるほど。変性意識に働きかけ、自己変容を促すセラピー及びヒーリング手法として、注目されています。

breathwork japan:ブレスワークとは

kokoさんのインスタライブでブレスワークは少し体験したけど、セッションを受けるのは初めて。

純粋にどんなことが起きるのか興味があったし、もっと自分の活動の中でどう呼吸のことを伝えていくかのヒントもほしくて参加してみました!

そこで感じたことを自分の備忘録も兼ねて書き残しておこうと思います。

目次

ブレスワークのセッション内容

集合写真
最後に撮った集合写真♡

簡単にセッションの内容をシェアします!全部は覚えてないかもしれないけど(笑)

最初のほうにまず「土」「水」「火」「風」そして「意識」と5つのエレメントを意識しながら体を大きく動かす時間がありました。コンシャスダンスみたい♫ さっそく気持ちよく動き回る〜〜

そしてkokoさんからざっくりとブレスワークについてのお話があり、短めのチネイザン(内臓に触れるヒーリング法)をして、ペアで呼吸のワークを。

お腹、わき腹のあたり、胸、背中(肩甲骨)それぞれを触ってあげながら、触られている人はその場所に呼吸を送るように意識。人に触ってもらう温かさが心地よかった!

だいたいそんな感じで、本編に入る前にいくつかのワークをして、後半の1時間くらいで実際のブレスワークを体験。

それぞれが心地よいスペースを見つけ、寝転がった状態で、音楽とkokoさんのガイドを聴きながら深い呼吸をしていきます。途中で呼吸のペースが早くなったり、呼吸を意図的に止めたりもします。

で、ポイントとしてはまずセッション中に何が起きてもOKで、泣いても喚いても怒っても笑っても、とにかく湧いてきたものを止めずに出すこと。

息を吐くときに「あ〜〜〜〜〜」でも「ゔ〜〜〜〜」でもなんでもいいから、声を出すことも大事!我慢せず、遠慮せず、好きなだけ(笑)

体の動きも自由で、好きなように、体が動きたいように。

セッション中に感じたことや起きたこと

  • 眠気
  • 空腹感
  • 性的な快楽や心地よさ
  • 踊っているときと同じ全身の感覚
  • 悲しみと喜びがflowの中で湧いてくる
  • 私はこれを知っているという安心感、戻ってきた感じ
  • 全部つながっている
  • 死ぬときもこんな感覚なのかな?

こんなようなことを1時間の間で体験しました。何人かの知人友人の顔も浮かんだなぁ。

前半は、三大欲求が立ち現れて面白かった(笑)気持ちよさの中にふわふわいるような感じだったかな?

でも後半だかどこかのタイミングで別のスイッチが入ったような、ちがうフェーズに入ったような感覚があって。そこからは涙が出ながら悲しみも不安や絶望も、嬉しさや生きている喜びも次から次へと出てきました。

まさにこれが人生だよね!っていうものを体感したような1時間だったのかも!

あとは、声を出すことのパワフルさを再確認。たまにナレーションの仕事中に泣きたくなることがあって困るんだけど、声を出すと抑えていた感情がブワーッと出てきちゃうのよね!

終わったあとに湧いてきた感覚や言葉

セッション後の参加者の絵
  • スッキリ
  • fulfilled
  • blessed
  • happiness
  • thankful
  • everything is connected
  • I’m alive!

一言で言ったら「感謝」なんだよなぁ。こう書くとハイハイ、って思う人もいるかもしれないけど(笑)あとはとにかく「楽しかった!」って感じ。踊っているときと似たような感覚。

自分がやっていることのつながりを再確認できたセッション

kokoさんと私

私自身が呼吸というものを意識的にやるようになったのは、20代前半で習ったヨガがおそらくきっかけ。

それまで意識したことはあまりなかったかもしれないけど、子どもの頃から何かとステージに立つ機会が多かったので、そういうときに緊張や不安をコントロールするために呼吸は使っていた気もします。

そうそう、本番には昔から強くて!それは呼吸のおかげかも!

緊張するとどんどん呼吸って浅くなるから、自分で意識的にゆっくり深い呼吸をするとだんだん心が落ち着いてくるんだよね。

リラックスはもちろんだけど、意識的な呼吸をすることで気持ちが解放されたり、「I’m ok」っていう自己受容の感覚が湧いてきたり。

全身にエネルギーが循環することで、あれはどう言ったらいいのかな?恍惚感とかエクスタシー?快感?私はやったことないけど、ドラッグと似たような状態に到達するんじゃないかと!

呼吸も、ダンスも、セックスも、ドラッグも、多分その辺のエネルギーワーク(ってまとめていいかはわからないけど)は全部同じなんじゃないかって!わかる人には伝わるよねきっと(笑)

全ての土台はやっぱり「呼吸」なんだね!と再確認できたセッションでした♡

kokoさんありがとう!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1980年東京生まれ。横浜、ニューヨーク育ち。鎌倉在住。ダンサー / ボディワーカー / ナレーター / オンラインコミュニティの事務局など、複数の顔を持つマルチポテンシャライト。さまざまな活動を通じて、一つ一つのいのちが輝き、調和した、愛と平和のある世界の実現を目指しています。
→ Romyのプロフィール詳細

目次
閉じる