ブログ運営

人気の写真加工アプリ「VSCO」で桜の写真を色鮮やかにする方法

鎌倉・本覚寺の桜

最近はミラーレスカメラで写真を撮ってから、VSCOという写真加工アプリを使ってよりきれいに加工することを楽しんでいます!

昨日、「鎌倉桜の名所「本覚寺」のしだれ桜とソメイヨシノ【開花時期・見頃:3月下旬〜】」で鎌倉の桜写真を記事に載せましたが

鎌倉・本覚寺の桜
鎌倉桜の名所「本覚寺」のしだれ桜とソメイヨシノ、八重桜【開花時期・見頃:3月下旬〜】鎌倉駅東口から歩いて約4分とアクセスがとてもよく、立派な本堂や鎌倉江の島七福神のえびす様もいらっしゃる本覚寺。 春になると、順番に し...

 

きれいに桜を撮るのにかなり奮闘しまして……

自分のカメラ技術を補うべく(カメラのせいにするのは止めておきます……笑)、アプリを駆使したらなかなかきれいに仕上がったのでご紹介します!

VSCOはフィルター(プリセット)もいくつかありますが、今回それは使わず細かい設定を自分でしました。

ちなみに使ったカメラは下のOLYMPUS PEN Lite E-PL7になります。

 

写真① 本覚寺のしだれ桜

こちらが加工前の写真です。

撮影モード:P(露出補正+1.7/仕上がりはVivid)

 

淡い感じが好きだったらこれでも十分なのかもしれないけど、私の好みとしてはもっと空も桜も鮮やかにしたい。

ってことで、VSCOを使ったらここまでパステルカラーになりました♪

写真の下に書かれている設定が今回行ったもの。

  • 「色温度」:下げると青みが増す
  • 「彩度」:上げるとどんどん色鮮やかでポップな写真に

 

写真② 本覚寺のしだれ桜

撮影モード:P(露出補正+2.0/仕上がりはVivid)

これも1枚目の写真と同様、色をもっと鮮やかにしたかったので以下のように加工しました。

先ほどの「色温度」「彩度」以外にも調整しています。

  • 「ティント」:色の調整
  • 「シャドウ」:暗くなっている部分(この写真では建物)を明るくする

 

スポンサーリンク

写真③ 妙本寺の桜と日蓮聖人

撮影モード:P(露出補正+1.0/仕上がりはVivid)

 

この写真は木々もたくさんあって、日蓮聖人もいて(笑)要素が多いし全体的に茶色くなってしまいました。

空は十分青く撮れたんですけどね。

桜も咲き始めというよりも散っていく途中のような、枯れている感が気になりました。

「彩度」は軽くにして、「色温度」をかなり下げて青みを出しました。

秋のような枯れ感はだいぶ薄れていると思いませんか??

最初からこんな風に撮れたら楽なんだけどね…(笑)

 

まとめ:VSCOってすごい!活用してより美しい桜写真を撮ろう♪

鎌倉・本覚寺の桜

写真撮影技術を上げることよりも加工技術を上げるほうに意識が向きつつある昨今(笑)

だってあとからこれだけ写真をきれいにできちゃうんだもんー!

まぁそうは言っても、最初にいかにきれいに・自分のイメージ通りに写真を撮るかがまずはポイントだと思うので…

そちらも併せて磨いていきます♪

 

撮った写真がイマイチだな〜ってときは、VSCO使ってみてくださいね!

無料でここまでできるってすごい^^

VSCO
VSCO
開発元:Visual Supply Company
無料
posted withアプリーチ

 

一眼レフ・ミラーレスカメラの腕を磨きたい方は、『カメラはじめます!』がオススメです!

『カメラはじめます!』こいしゆうか
一眼レフ・ミラーレスカメラ初心者は、『カメラはじめます!』を読んでカメラの基本を身につけよう!もうすぐミラーレスカメラを使い始めて2年になるRomy(@romyhiromi_com)です♪ …と言ってもあまり使いこなせていなくて、...

 

ABOUT ME
Romy
鎌倉在住。湘南での暮らしやグルメ・お出かけ情報、国内・海外旅行記などをブログ「romyhiromi(ロミーヒロミ)」で発信。ナレーター/ベリーダンサー。カフェから出るカップゴミを減らそう!という湘南のコーヒー屋発の活動「Bring me Shonan」の広報もやってます。 >>>Romyのプロフィール&このブログについて