自分が悩んだ末に行動した姿が、たった1人の人を癒したり勇気を与えられる【ニュースレターご感想】

メルボルンのフィッツロイガーデンズ

最近は毎週1回配信しているニュースレター「ロミーの『魅力開花』通信」。

スタートしたのは2015年12月で、あまり大々的にお知らせもしてないのですが、コツコツ続けております。(いや、もっとちゃんとお知らせしなさいよって話ですね!)

途中で何度もめげそうになりながらも、なんとかして習慣づけることができるようになってきて、そんなときに読者さんからご感想をいただいて。私がとても励まされました♪

ご本人の了承をいただきましたので、ご紹介させてください^^

※2021年10月追記:現在別のニュースレターを配信しています!記事の最後に登録フォームがあるので、よかったらぜひご登録ください

目次

ニュースレターのご感想

こんにちは。いつもありがとうございます😊

ロミーさんの飾らないお人柄溢れるメルマガ、ブログ、共感したり生きるヒントをいただいたいたりしています。

昨日、所属してるベリー教室のミニ発表会があり今回は観覧サイドの私でした。

昨年仕事やら家庭の事情でレッスン休んでたり、一度もステージには立たない年でした。

生徒の皆さん、前回より格段に上手になっていて、嬉しい気持ちの片隅にちょっと凹んでいる自分を見つけ。

そんなときロミーさんの言葉に癒されました。

ブログって、素敵な毎日ーーばっかり書いてある方のほうが多くて。

でも、ロミーさんは悩んだり考えたり、で、そこからリスタートしたり、読みながら勇気もらったりしてます。

後、最近、インスタもフォローを始めました。

ロミーさんの写真綺麗!

海岸の夕焼け、空、みなとみらいの夕景などお気に入りです。

写真にも癒されます。

長くなりました。スミマセン:;(∩´﹏`∩);:

夫が昨年秋から単身赴任で横浜在住になり、私も東京方面にいく機会ができました。

いずれロミーさんにお会いできるかも、と2017年はワクワクしています。

それでは

(K.T様)

私のほうこそ、Kさんのメッセージに癒されました。ありがとうございます^^

自分の思いや感じたことを発信することで、誰かを癒したり元気づけたりできるんですね!

悩んでいる姿も包み隠さず表に出すようになりました

img_5489.jpg

私は調子がいいときは「うひゃーーー♪」 みたいなテンションになるけど(笑)落ち込んですごく自己否定のかたまりになることもあるし、アップダウンはもちろんあります。

だからKさんが書いてくださっているように、「悩んで、考えて、リスタートして」を繰り返している日々なんです。

何年か前までは、悩んでいたり落ち込んでいる姿はブログなどに見せないほうがいいと思っていて、楽しかったこと、充実していた日常の部分だけを切り取って発信していた。

でも実際はプライベートがボロボロだったりもしたわけで…… マイナスの部分を隠そうとしていたから、余計に歪みが出てきたのかな?

どんどん日常と外に見せている顔との間にギャップが生まれているように感じて、疲れてしまいました。

それで、「ギャップをなくしていこう!もっといろんな自分の側面を出していこう!」という意識に切り替えたんです。

さすがに自己否定の真っ只中にいるときに何か発信しても、ものすごく嫌なエネルギーをばらまくだけなので(笑)

そこから何かしら光を見出せたとき、学べたとき、発見があったときなどに「こんなことがあって……」って書くようにしてます。

お礼を伝えてくれて私こそありがとう!

img_3961.jpg

人生は山あり谷あり。

踏んだり蹴ったりなことも多々ある。

いいことばかりじゃない。

悲しいこと、すっごく腹が立つこと、許せないことだってある。

でもそういうことも、自分の魂を磨くために必要な経験なのかな〜?とか。本当の自分に気付くための何かサインなのかな?なんて思ったりします。

 

話がちょっと飛んじゃったけど、悩んだり踏んだり蹴ったりした私の姿を見て、「癒されました!」「勇気が出ました!」と言ってくださる方がいるということ。

それを知ることができて、私もこうして発信し続けてよかったと思ったし、それをわざわざ私に伝えてくださったことに本当に感謝です^^

だって、一方通行だったら単なる私の自己満足だし、まぁ自己満足が悪いわけじゃないけど、わざわざ公にする必要もないかもしれない。

だから、「いつもありがとうございます」って言ってくださって、私もすごく勇気が出ました。ありがとうございます♪

そう考えると、「よかったな〜」「ありがたいな〜」って感じたら、素直にそれをその方に伝えるって大切ですね!

私ももっと軽やかにお礼を言っていこうと思いました。

思い出した大好きな曲「If just one person」

この記事を書いていて思い出した歌があります。

アメリカに住んでいた小学生の頃にコーラスで歌った大好きな曲で、「If just one person believes in you…」と続いていく歌で。

今調べたらスヌーピーのミュージカルや、セサミストリートで使われていたみたい!それで小学校の歌の先生が取り上げてくれたのかな??

すごく勇気が出る歌なので、貼付けます!

「もしたった1人の人があなたのことを信じていたら…… それが2人になって、3人になって……」というような内容の歌詞です。

そうか。

「たった1人の人が自分のことを信じてくれたら、それがどんどん広がっていって…… 自分のことも信じられるね」って言ってたんだ!

最後の部分が私の中で抜け落ちてました。

Snoopy: If just one person believes in you.
Deep enough, and strong enough, believes in you.
Hard enough,and long enough before you knew it,
Someone else would think, if he can do it, I can do it. Making it..

Snoopy and Lucy: Two! Two whole people who believe in you.
And if two whole people believe in you.
Deep enough, and strong enough believe in you.
Hard enough, and long enough there’s bound to be some
Other person who believes in making it a threesome.
Making it…

Sally (joins in): Three….people you can say, believe in me.
And if three whole people, why not…

Linus (joins in): Four. And if four whole people, why not…

Charlie Brown (joins in): More, and…

Peppermint Patty (joins in): More, and more.
And when all those people believe in you,
Deep enough and strong enough believe in you,
Hard enough and long enough it stands to reason you,
Yourself will start to see what everybody sees in you.
And maybe even you, can believe in you, too.

→ 歌詞はここから引用させていただきました

誰かに支えられて、私たちは生きている。

自分1人ではあまりにも脆くてグラグラしてしまうけど、周りの人が自分のことを信じてくれるから、「そうか、私にもいいとこあるのかも…」ってだんだん気づけて。

他人を通して、自分のことを知ることができ、自分自身を信じることができるようになるんだね。

最後に

今日のこの記事を書き始めたときは、あくまでメルマガ読者さんのご感想を紹介することを目的にしてたけど。

書いているうちにこの歌のことを思い出し、調べてみたらすぐに動画が出てきて、20年以上ぶりに聴いて……

それまでもふと思い出すことはあるくらい、大好きな曲ではあったけど、ものすごく心の深〜いところにじわ〜っときました。

これは今日の私だからこそ、感じられたもの。なんだかすっごい宇宙の采配というか、奇跡を感じました^^

きっかけを作ってくださったKさん、本当にありがとうございました♪ この歌を私に教えてくれた先生にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

すっかり長い記事になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方の心に響くものがあれば嬉しいな!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1980年東京生まれ。横浜、ニューヨーク育ち。鎌倉在住。ダンサー&講師 | ナレーター | ホリスティックライフ実践家。
ダンス&ムーブメントクラスの主催、パーマカルチャー関連の活動などを通じて、一つ一つのいのちが輝き、調和した、愛と平和のある世界の実現を目指しています。
→ Romyのプロフィール詳細

目次
閉じる