メキシコ・カンクンで最も人気のマヤ遺跡!バスツアーで訪れた世界遺産「チチェン・イッツァ」を写真でご紹介♪

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

【2017年GW★キューバ・メキシコ旅行記 〜ハバナ&カンクン〜】
メキシコ・カンクンで最も人気のマヤ遺跡!バスツアーで訪れた世界遺産「チチェン・イッツァ」を写真でご紹介♪

〜夫と小学3年生の息子と私、3人での家族旅行の様子を綴っています〜
旅の概要と旅行記一覧、総まとめはこちらの記事をご覧ください

 

Hola!Romyです♪

メキシコのカンクンと言ったら、観光客の方がほぼ間違いなく訪れようと思うのが「マヤ遺跡」なのでは?

カンクンがあるユカタン半島にはマヤ文明の古代遺跡が複数ありますが、その中でもおそらく最も有名で人気の「チチェン・イッツァ(Chichén Itzá)」に行ってきたので、写真でご紹介していきます!

とにかく広くて暑いですよ(笑)!

 

★今回利用したバスツアー

「チチェン・イッツァ(Chichén Itzá)」はカンクンから約200km・片道2時間半ほどの場所にあり、基本的にツアーを利用して行くのが一般的です。

我が家は「エクスペリエンシアス・シカレ(Experiencias Xcaret)」という会社のバスツアーに参加。

はとバスのような大きなバスに乗って、合計3箇所を一日かけて回る内容でした。(ホテルまでの送迎付き/予約もホテルのツアーデスクで行いました)

「エクスペリエンシアス・シカレ(Experiencias Xcaret)」の「チチェン・イッツァ」ツアー詳細

私たちが参加したのは “Xichén Deluxe Tour”

  • 「チチェン・イッツァ」を見学
  • 「バヤドイド」という街でランチ
  • 聖なる泉「セノーテ・イクキル」を見学

定価 US$109 / オンライン US$98.10(他のツアーと組み合わせると割引あり!)

公式サイト

 

バスの中からマヤ文明に関するガイドがスタート!

まず小型バスがホテルに7:30にお迎えに来てくれ、今回の運営会社のセンターへ。

そこで参加者が集合して一つの大型バスに乗り、8:20にいよいよチチェン・イッツアに向けてツアーが開始。

軽食(サンドイッチ+ジュース+コーンケーキ)とコーヒーが配られましたが、予想以上に美味しい!

「エクスペリエンシアス・シカレ(Experiencias Xcaret)」の『チチェン・イツァ』ツアー

 

バスの中でガイドさんによるマヤ文明に関する説明がたくさんありました(スペイン語と英語を交互に)。

マヤ人たちは数学や天文学などに長けていて、かなり高度な文明だったようですね!

世界史で習ったのを覚えてますか??

あとは、マヤ人が作ったシルバーアクセサリーの車内販売もありました(笑)

 

「チチェン・イッツァ」に到着!主要エリアをご紹介

ホテルを出発して約3時間、10:50頃に到着!

さすが世界遺産のマヤ遺跡、入口からすでに観光客でとても賑わっています。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

総面積は約1.5平方マイルとかなり広く、ここでの観光時間は合計約3時間!

半分くらいはガイドさんと一緒に巡り、残り半分の時間は自由に好きなところを見学することができます。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

それでは、私たちが見てきた主要エリアをご紹介しますね!

全体像を把握しやすいように、私が持っているガイドブックの全体図を貼ります:

『チチェン・イッツア』の全体図

 

<注意点>
バスを降りるときに日傘のレンタルがあったのですが、私たちはもらわず… これ、大失敗でした!!
もし借りられたら絶対に借りたほうがいいですし、でなければ自分の日傘を持参する。
もちろん帽子は必須です!とにかく日差しがヤバすぎ!!
(お水は1人1本もらえます)

 

「球技場(Ballcourt)」

球技場はほとんどのマヤ遺跡に存在すると言われていて、中でもチチェン・イッツアのものはメソアメリカで最大規模だそう。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

このように、かなり広い空間です!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

この右上にある◯の中にボールを通したチームが勝ち!すんごい難しそう!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

勝ったチームの選手が生け贄になるとか、負けたチームが生け贄になるとか、はっきりしたことはわかっていないそう。

選手の首がはねられている様子が掘られています。

私の感覚からすると「怖いっ!!」と思ってしまうけど、マヤ人にとって生け贄になることは名誉なことだったそうです!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

「エル・カスティージョ(El Castillo)」

チチェン・イッツァと言えばやっぱりこのピラミッドですよね!

「エル・カスティージョ(カスティーヨとも呼ぶ)」という巨大ピラミッドで、7年かけて9世紀初頭に建設されたそうです。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

マヤ神のククルカンというヘビの神を祀っているため、「ククルカンの神殿」とも呼ばれているそう。

この階段の各段が1日を表し、全体がカレンダーになっています!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

ちなみにこの日の私の服装はミステリーハンター風 w

 

「エル・カラコル(El Caracol)」

次は、少し移動して「エル・カラコル」という天文台へ。

こちらには特別な権利を持つ神官しか入れなかったそうです。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

マヤ人は天体観測に優れていて、暦も10数種類使っていたそうですよ!

マヤ文明、勉強し直したら面白そうですね^^

 

「尼僧院&教会(Las Monjas & La Iglesia)」

尼僧院の本館がこちら。

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

奥にある東館は、個人的に一番好きだった建物!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

チャック神という雨の神や神官、カメなどが描かれているらしいけど… どれがどれだかわからない(笑)

これはチチェン・イツァの一番奥に位置するので、辿り着いたときには暑さでぐったりでしたが、このレリーフが見られたのは良かったかな。

 

その他の建物など

さて、ここまでご覧になった方はお気づきかと思いますが… どの建物も似た感じなんですよね(笑)

あとから見ると、どれがどれだかよくわからないし、描かれているレリーフも正直とってもわかりづらい!

 

この下の写真は、ドクロが大量に描かれています(球技場のそば)。

やっぱり怖いけど、メキシコのお土産でもカラフルなドクロがメジャーなくらい、象徴的なものなんですね…

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

これは、ヘビが描かれているかな??

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

このようなお土産屋さんがビッシリ立ち並び、「$1だよ、買ってけ〜」みたいなことをずっと言われます(笑)

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

その他、「戦士の神殿」「セノーテ」などのスポットがあり有名のようですが、なぜか私たちは辿り着けませんでした…

地図も見ずにふらふら歩いてましたからね。

見逃したくない方は、ガイドブック等の地図を見ながら行ったほうがいいかもしれません!(パンフレットなどは渡されませんでした)

 

イグアナが随所にいます!

ここで楽しみにしていたものの一つが、そう!イグアナを見ることだったんです!!

 

ホテルの敷地内にもあちこちにいたけど、チチェン・イツァにも大きい子がたくさんノソノソ歩いていました。

道端に突然いたりするから、知らずに歩いてるとビビるけどね(笑)

息子がしばらくずっとコミュニケーションを取ろうとしていました!

 

まとめ:とにかく暑い!!体力勝負な場所です

トータル3時間に及ぶチチェン・イッツァの観光は、あまりの暑さに汗ダクでヘロヘロに…

バスに戻ったら、冷たいおしぼりと飲み物が配られて生き返りました!

メキシコ・カンクンの『チチェン・イツァ』

 

ここは本当に、本当に、体力的にきつかったです!

普段は暑さに強い夫でさえも、熱中症みたいに一時的にダウンしてたので…

正直遺跡そのものの印象よりも、死ぬほど暑かったことのほうが印象に強いです(笑)

 

まぁでもね、世界史や遺跡好きの方だったら大興奮にちがいありません!

写真で見ていた巨大ピラミッドを目の前にしたら、やっぱり感動するし、はるばる日本から行って良かった〜!と思うはず♪

 

1回のカンクン旅行で複数のマヤ遺跡を見るのはなかなか大変だと思うので、どれか一つに絞るのならまずはこの一番メジャーなチチェン・イッツァに行っておけば間違いないかな??

暑さ対策だけはしっかりして、臨んでくださいね!

ちなみに私たちはカンクンのホテルにあるツアーデスクでツアーの予約をしましたが、英語に自信がない方、日本語でチチェン・イッツァツアーの検索・予約がしたい方は24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRAがオススメです!

いろんな組み合わせや内容の中から選べますよ♪


 

さて、このあともまだバスツアーは続きます。

ランチをしたレストランや街、そしてセノーテのご紹介も追ってしますね♪

 

【2017年GW★キューバ・メキシコ家族旅行記 〜ハバナ&カンクン〜】
↓ 旅の概要と旅行記一覧、総まとめはこちらの記事をご覧ください ↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住のトラベルライター(@tripnote)/ブロガー/バイリンガルナレーター。
趣味は旅、ミラーレスカメラで海辺の夕焼けを撮影すること、サーフィン、コーヒー&スイーツが美味しいカフェ巡りなど。
このブログは、海が好き!旅が好き!自由で自然と共にあるライフスタイルを生きたい!そんな方に向けて日々更新中です。
→ プロフィール詳細はこちら