【ダダ/DADA】鎌倉で一番美味しいと評判!若宮大路沿いのピザ屋さんでディナー

鎌倉のピザ屋DADA(ダダ)
スポンサーリンク

鎌倉に住み始めて以来、前を通るといつも賑わっていて気になる存在だったのが、若宮大路沿いのピザ屋さん「ダダ/DADA」

「鎌倉で一番美味しいピザだ!」という噂もチラホラ聞いてますます気になり……

やっと先日、ちゃんとあらかじめ予約を入れて夫とディナーしてきましたのでご紹介します 🙂

Romy
2017年6月来店時の内容になります!

 


「ダダ/DADA」は鎌倉・若宮大路沿い、鶴岡八幡宮のすぐそばにあります

「ダダ/DADA」は鎌倉駅東口を出て徒歩約10分、鶴岡八幡宮へと続く段葛という参道の右側にあります。

このブログでもご紹介しているお蕎麦屋さん「段葛 こ寿々」の少し先、あとちょっとで鶴岡八幡宮の三の鳥居です。

(こちらは別の日に撮った、営業前のお店の外観)

私たちが到着した18:00には先客がすでに何組がいらっしゃったので、席の様子は撮影していません。

奥に大きなピザ釜がありました!

期待が膨らみますね〜♪

 

「ダダ/DADA」でのディナーで注文したお料理をご紹介

それでは、私たちが食べたお料理をご紹介します!

Romy
メニュー名と金額をちゃんと控えてこなかったので、アバウトとなります。ご了承ください 😥

まずはひよこ豆を揚げたもの(@600円くらい)

ポテトチップスみたいな感じで、手が止まらない!

セロリのサラダ(@600円くらい)

私はあまりセロリは得意じゃないんですが、これは食べやすくて美味しかった!

レモンとクルミ(確か)が効いていましたよ♪

鎌倉のピザ屋DADA(ダダ)

そして主役のピザは、キアロスクーロ(オリーブ・バジル・ミニトマト・ポモドーロ@1,200円。食べログで確認)

注文が入ってから1枚ずつ薪釜で丁寧に焼いてくれるピザは、外側がカリッとして、中はモッチリです♪

パスタも3種類あり、私たちはからすみのパスタ(@1,000円くらい)にしました。

パスタが太めでモチモチしていて、ガツンと来る味で美味しい!

デザートはアフォガート(@500円くらい)

コーヒーも美味しかったなぁ。

passalacqua(パッサラクア)」というナポリのコーヒーを使用しているようです!

 

スポンサーリンク

「ダダ/DADA」はとにかく人気店なので予約すると安心です!

上にも書いたのですが、「ダダ/DADA」は土日の夕方や夜にお店の前を通るといつも満席で大賑わい!

ディナーは17:30からで、当日の昼に電話して18:00に予約を入れられました。

金曜日だったから当日でも大丈夫だったけど、土日だとさすがに難しいのかもしれませんね。

 

ちなみに実際私たちが行ったときは、予約している方がやはり多かったし、あとから何組もお客さんが来てました。

人数が多かったり、外で待つのが嫌な方は、当日でもいいので電話してみてくださいね!

 

「ダダ/DADA」の営業時間・アクセス・地図など

「ダダ/DADA」

  • 住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-11-2 雪ノ下ビル1F
  • アクセス:JR横須賀線、江ノ島電鉄線「鎌倉駅」下車、東口より徒歩約10分
  • 電話番号:080-2338-1127
  • 営業時間:12:00〜14:30(L.O)、17:30〜21:00(L.O)
  • 定休日:不定休
  • 備考:クレジットカード使用不可

→ 公式Facebookページ

→ 食べログ
→ ぐるなび

※2017年6月の情報を元に記載しています。必ずご自身で確認の上ご利用下さい

 

まとめ: 「ダダ/DADA」が一番美味しいかはぜひご自身で確認してみてください!

とにかく、ピザはもちろん他のお料理もどれも美味しかったです 😛

鎌倉で一番美味しいかどうかは、好みもあるのではないでしょうか??

私は特にどこが一番だ!というのは言えないかなぁ……

お店の雰囲気だったり、ピザ以外に食べたいものによって選ぶのもいいかもしれませんよ。

とにかく「何食べても美味しかったね〜♪」と満足したい方は、ぜひ「ダダ」を一度お試しあれ!

その他のオススメ鎌倉情報

鎌倉にある他のイタリアンも押さえておいてくださいね!

 

 

★RomyのSNS

ときどき鎌倉情報を投稿しています!(フォローはお気軽に)

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住ブロガー。湘南鎌倉での暮らしやグルメ・観光・お出かけ情報、国内・海外旅行記などを発信しています。旅、カフェ、踊ること、サーフィン、海で見る夕焼けが好きな30代後半、小4男子のママ。 バイリンガルナレーター/Webメディア編集者/ベリーダンス講師としても活動中。

Romyのプロフィール&このブログについて