宮崎4泊5日ひとり旅。南国ムードの青島に恋をした!カフェ巡りとワーケーション、サーフィンも

カフェと私

このブログの記事にはプロモーションが含まれている場合があります

2023年10月末から11月頭にかけて、4泊5日で宮崎ひとり旅へ行ってきました。

旅の前半は、ややマニアックで渋め?の都農町(1泊)・油津(1泊)へ行き、後半はずっと気になっていた青島(2泊)へ!

あわせて読みたい
宮崎4泊5日ひとり旅。ワーケーション&まちづくりの視察を兼ねて都農町・油津へ 2023年10月末から11月頭にかけて、4泊5日で宮崎ひとり旅へ!初の宮崎は終始最高の天気に恵まれて、大好きな県になった。 紹介したい写真も書きたいことも多いし、訪れた...

青島には私がずーっと求めていた「住みたい場所」の要素が全て揃っていたかもしれなくて、全身で大好きになった❤️

着いた瞬間、全身の細胞がホッとする感覚というのだろうか?安心感に包まれ、自分でいられる感じ。

それゆえに、お気に入りの写真が多すぎて膨大な数になっているけど笑、一緒に現地を散歩している気分でぜひ読み進めてみてください!

追記:友人のめぐちゃんとやっているPodcastで青島LOVEを語りました😆よかったら聴きながらどうぞ!

目次

10/31(火) 3日目:油津→青島

「アオシマアパートメント」にチェックイン

青島駅に9時半に到着し、2泊泊まることにしていたシェアハウス兼ゲストハウス「アオシマアパートメント」へ。

ここもADDressで予約(そしてLACの拠点でもあり、こういう多拠点シェアハウス系のサービスは同じようなエリアに注目するのだなと思った)。

建物の入り口、サーフボード置き場、そして各部屋それぞれに鍵があり、全てアプリで開け閉めするというモダンなシステム!笑

そのほか、通称アオアパの使い方をオーナーから一通りレクチャーしてもらった。

共有スペースは朝から使えると聞いていたけど、結局部屋にも入らせてもらえてスーツケースなど余計なものを置いて青島散策へ。

青島ビーチと「LDK」で優雅なランチ

青島の公園

徒歩5分弱で公園と美しい青島ビーチに到着!待ち望んでいた風景と空気感、good vibesに1人大喜び笑

天気は最高だし、波はきれいで私のレベルにちょうど良さそうなサイズ!久々のサーフィンが楽しみ!

11時半、まずは少し早いランチを。結局油津ではみかんにしか使わなかったクーポンを青島で利用することにしていたのです😎

「やたらおしゃれそうだけどただの映え系なのでは?」とやや疑いを持ちつつも笑「LDK」という海の目の前にあるレストランへ。

めちゃくちゃ広くゆったりした座席で、特に観光シーズンでもなく平日だからか空いていてゆっくり過ごせた。

そしてお料理がちゃんと美味しかった(失礼でごめん)!プロシュートのサラダはバルサミコが効いていて、マッシュルームスープもオイルパスタも美味。

せっかくなので、ネクタージュースを頼んで少しiPadで作業。Wi-Fiがちゃんと飛んでいるお店が多いのはポイントが高い!

普段なら1人でこんな優雅なランチは食べないのだけど笑、クーポンのおかげでちょっとしたご褒美のようで嬉しかった(計2,640円)。

青島神社へ

青島と青島神社

ランチにすっかり満足し、次は青島神社へ。行く前は江ノ島みたいな場所なのかな?と予想していて、ある意味そうなんだけどまた別の魅力がある場所だった。

鬼の洗濯板

まず島までの橋の左右を見ると、この日南海岸沿いではよく見られる「鬼の洗濯板」と呼ばれる隆起した海床が。ちょうど引き潮だったから、なかなかの迫力!

「今から約650万年前に海床に規則的に堆積した砂岩と泥岩の互層が傾き海上に露出したものが、波の侵食を受け、硬さの違いにより凸凹を生じたものです。

看板より

この青島全体がいわゆる南国植物に覆われていて、「青島亜熱帯性植物群落」と呼ばれている。ビロウの成木は4,300本ほどあるのだとか。

神社と南国植物の組み合わせ、新鮮で好き😆

熱帯性植物

この木々の間を歩きたい〜〜

熱帯性植物

なかなかの迫力!中には樹齢350年の木もあるらしいよ。

沖縄のやんばる、オーストラリアのケアンズやメルボルンで行った熱帯雨林を思い出すような雰囲気。こういう場所が大好きで、またしても1人で大喜び!

あわせて読みたい
夏休みに沖縄本島へ5泊6日女子旅!瀬底島・古宇利島・やんばるの森へ。オススメ飲食店も 2021年7月末から8月頭まで、友人と2人で5泊6日の沖縄本島旅行をしてきました! 下の記事は戻ってきてわりとすぐに書いたけど、タイトルからもわかるように個人的な感想...
ビロー

お参りしてから、島をぐるっと一周1.5km。好きだなぁ青島。

カフェのはしご!「ハワイアンカフェLife」「anandah」

さつまいものケーキとコーヒー

14時過ぎ、閉店まであとわずかだった「ハワイアンカフェLife」へ。青島ではほとんどのカフェに行ったのでは?これも私にとっては大事なリサーチ☕️

ここで再び少しiPad作業を。Wi-Fiがあって電源がある席もあり、個人的には仕事がかなり捗りそうな予感がするお店だった。

営業時間が11時から15時、とノマドワーカーとしては微妙な時間帯なのが残念!

青島の街並み
道が広くて車がほとんどいないこの雰囲気も好き

一度アオアパに戻ってサーフィンに行こうかな?と思ったら、別の方々が自転車2台とも使っていたところで……

あとになって考えたらサーフボードを手で持っていける距離だったんだけど、なぜかこのときはその発想にならず。

じゃあどうしようかな?とGoogle mapを見ていたら、隣の子供の国駅近くにあるカフェ「anandah(アーナンダ)」がまたしても閉店まであと少しと気づく。

青島の公園
こういう公園が大好きで、何度も通る笑

確か前に鎌倉の友人の誰かがシェアしていた記憶があり、なんとなく脳内に留めていたお店。オーガニック野菜を使ったランチが美味しそうだったけど、翌日は定休日で行けない。

またお茶か……と思いつつ笑、これを逃したらタイミングがないから行くことに!そして結果的に行って正解✨

コーヒーとマンゴーパフェ

粉物はもういいやと思い、マンゴーのミニパフェとコーヒーを注文。添えられたローズマリーがいい香り🌿

コーヒーは大分にあるスペシャルティコーヒー&ロースター「3 CEDARS COFFEE」の豆で、味も良かったし器も素敵!(このコーヒー屋さん、ウェブサイトを見たら俄然行ってみたくなった笑) 

すごく居心地が良くて、もっと時間があれば……と思った。テーブルクロスやキャンドル、ライトなど、一つ一つの小物に優しさや温かみを感じたんだよね!

近所の農家さんの無農薬野菜を販売していたので、ツルムラサキとオクラを購入。ランチで使っているそうで、食べたかったなぁ。

後述する近くの「こどものくにガーデン」でのマルシェに出店したりイベントもいろいろやっているようで、住んだら素敵なつながりができそうな気がした✨


最近友人たちと「食」の大切さを話す機会が度々あり、先月アリス・ウォータースが来日していた影響も私の中ではあるかもしれない。

We are what we eat.

そしてお店で働く人たち、食材、インテリア、空間など一つ一つに背景や物語があって、それらに触れながらいのちをいただく。

栄養だけではなく、そこで共有された時間や感じたことが私をまたどんどん育んでいく。

そういう循環していく何かが「食」にはあるし、植物、大地、海と森、生産者、そして日本だけでなく世界とつながる🌎

アーナンダのコーヒーカップを眺めながらぼんやり感じたことを言語化してみるとこんな感じかな?

楽天ブックス
¥1,980 (2024/05/16 15:19時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

この日行ったカフェ3軒ともインスタを見ると写真は映えているし、おしゃれなんだろうけどそれだけなのでは?という疑いはどうしてもあって。

鎌倉や湘南にもそんなお店はたくさんある。見栄えはいいけど中身が薄いというか……

でも3軒それぞれにまた行きたくなる魅力やメリットがあったし、初日から青島で暮らせそうなイメージがすっかり湧いてきた😍(私の生活にカフェは必須!)

夕焼け、唯一のスーパー「Bon Delice」で買い物、夕飯は自炊

青島のヤシの木

再び海辺を散歩しながら青島唯一のスーパー「Bon Delice」へ向かう。青島駅からだと徒歩5分くらいの場所にある。

この日は自炊すると決めていて、実際カフェ3軒はしごしてお腹もややお疲れモード😂

途中で見た夕焼けの淡いグラデーションが美しかった!

青島での夕焼け

歩いているだけでそこら中に大好きな風景が広がり、とにかく幸せで最高すぎる笑

夕飯は宮崎のカツオ(油津が有名らしい)とツルムラサキのお浸し、残っていたしいたけ・オクラ・ソーセージをただ焼いていただく。お米は家から持参!

のちに住んでいる人から「Bon Deliceは都会価格なのよ〜」と聞き、野菜は車で10分くらいのところにある市場でよく買ってくるとのこと。

11/1(水) 4日目:青島

朝カフェ「AOSHIMA COFFEE」と念願のサーフィン

青島ビーチの朝

起きて8時前に波と気温チェックしに海へ。

この日は14時からオンラインミーティングが入っていて、それまでにやりたい仕事・サーフィン・ランチの時間やタイミングをザッと計算。

もう少し気温が上がってから海に入りたかったし、その前に少し作業できる気がして…… 朝カフェすることに😆

カフェ「AOSHIMA COFFEE」

アオアパから一番近いカフェ「AOSHIMA COFFEE」

ここはコンブチャもあるのが他のカフェにはない特徴。でもモーニングセットにはなくてコーヒーに。パンが美味しかった!(店内奥で焼いていたみたい)

椅子とテーブルがあまり仕事向きではなかったけど、1時間ほど作業できてぼちぼち満足。

さ!アオアパの自転車を10時から12時まで借りて、念願のサーフィンタイム!!

今回の宮崎旅の間、どこかしらでサーフィンかシュノーケリングがしたいなと思っていて、直前までスクールやツアーを調べていたけど……

アオアパでボードレンタルしてくれると直前に知り、それなら習う必要はないしサーフィンしよう!とウェットスーツを持参。

このソフトボードはスクール生もたくさん使っていたけど、びっくりするほど乗りやすくて笑っちゃった🤣

鎌倉で数年間、夏の間狂ったようにサーフィンしていた時期があり(ブログにも当時の様子を夕焼け写真とともに綴っている)、実はすごく好きなことの一つ。

でも決して上手ではないし、大きい波に巻かれるのも怖いし笑、そもそも沖に出る根性もあまりなく。メロウな小波限定サーファーで💦

なんと、そんな私にぴったりの波がこの青島にあった!波はガタガタしてなくてきれいで、サイズは膝〜腿あったか?といった感じ。PERFECT FOR ME😆

あわせて読みたい
迫力の爆焼けや天割れが見られた!夏の夕焼け@鎌倉・材木座海岸 子どもの夏休みって最初の頃は「まだ終わらないのか…… 長い!」と思うのに、終わるとなんだかあっという間に感じますね! 暑い暑い、と毎日ブツブツ言いながらも、7月に...

再び「LDK」でzoomミーティング

青島ビーチ

永遠に海にいたい気持ちもありつつ、久々のサーフィンで明らかに体は疲れていたのと(おそらく1年ちょい前の沖縄以来!)仕事もあったので……

余裕を持って帰り、外シャワーを浴びて片付け、前日の残りと買った食材で昼ごはんを作って再び外へ。

アオアパでリモートワークできるけど、こんなにいい天気なのに室内にいるわけにはいかない笑

お茶しながらzoom

再び「LDK」に行って、今度は外の席でアイスアメリカーノとバナナパウンドを。

コーヒーは初日に宮崎駅で行った「Rosa Coffee」の豆。そしてパウンドがまたしても美味しい!

前日リサーチをしていたのできっと大丈夫だろうと思い、ここで2時間ほどzoomミーティング。どうせなら海とヤシの木を眺めながら仕事してみたいじゃない?笑

開放感があるからか、オンラインのミーティングでも普段のように頭がパンパンになる感覚がなかった。気持ちもゆったりめだからか?

いずれにしても、いかに私にとって「スペース」が大切かに改めて気づいた!

AOSHIMA BEACH PARKでチルタイム

無事ミーティングが終わり、夕焼けを見ながら「AOSHIMA BEACH PARK」でくつろぐことに。

ここはLDKの横、青島神社に行く手前のビーチ沿いにあるオープンスペースで、9年前の2015年にできたらしい。頻繁にイベントも開催されているよ!

コーヒースタンドがあるけど注文しなくても自由に利用でき、デッキやベンチ、ハンモックなどで思い思いに過ごせる場所。

青島の夕焼け

私が住む鎌倉でいつも足りないと思うのは、こういう広々とした誰もが利用できる空間。海外だと街中にちょっとしたスペースってけっこうあるんだよね……

平日でコーヒースタンドが定休日だったせいか人も少なく、のんびりとした時間を過ごせた✨

「UPPER YARD」で音楽とタコスナイト

「UPPER YARD」で夕飯

最終日の夜、自炊するか迷ったけど…… あまりキッチンが快適ではなかったこともあり、せっかくの旅だし!と外食することに。

アオアパからすぐの「UPPER YARD」へ。バーガーとタコスがウリのようで、私はタコス目当てで行き、マンゴービールとともに2つ注文🌮✨

そしてこの夜はたまたまDJ in the house!状態。ラッキー!オーナーの友人がちょうど宮崎を旅していて、急遽呼んだらしい笑

オーナーから宮崎の話を少し聞けたけど、けっこう音楽イベントやフェスも盛り上がるようで、逗子のアミーゴとそこが生み出すカルチャーを彷彿とした。つながってるかな?

このときも私タコス食べてる!笑 ↓

あわせて読みたい
アフリカを舞台にした音楽ドキュメンタリー『グレート・グリーン・ウォール』鑑賞@逗子シネマアミーゴ 絶対観たいと思っていた、アフリカンドリームを描いた音楽ドキュメンタリー『グレート・グリーン・ウォール/The Great Green Wall』。 先日、逗子のシネマアミーゴでの...

いい音楽、美味しいもの、程よく力の抜けた空気感のあるお店だった。人は押し付けがましくもなければ、排除する感じもなく、その距離感がまたいい。

いろんな人と話してみて感じたのは、付かず離れずな人間関係がこの青島にはあるということ。みんないい意味でドライ。天気のようにカラッとしている。

ずっと住んでいる人も移住者も観光客も混じり合う街、人の出入りの多さがまた私には心地よい要素なのだなと気づく。

ちなみに青島の人口の半分は移住者らしい!

11/2(木) 5日目:青島→帰宅

こどものくに内カフェ「Byron Bay Coffee AOSHIMA」

青島を発つ日。残念で仕方がなく、せめて1週間は滞在したかった……

そんな名残惜しい気持ちを抱えながら、まだ行けてなかった場所を目指して。ビーチを左に「こどものくに」方面へ!

右の写真は青島で一番大きいホテル「ANAホリデイインリゾート宮崎」。公園の敷地との区切りがわからず、パークゴルフと川が邪魔して、途中抜けられず焦った😅

青島からほど近い場所に位置するこどものくには、アスレチックエリアやパークゴルフ場、植物園などを有する広大な公園。
園内は3つのゾーンに分かれており、「青島ピクニックガーデン」には4つの広場があり、いずれも全面芝生。「スポーツ」にはパークゴルフ場があり、幅広い年代が楽しめます。「自然・冒険」ゾーンにはバラや椿などの植物園やアスレチック広場があります。長い滑り台やツリーハウス、アドベンチャーランドは体を動かすことが好きな子どもたちに大人気。園内に流れる川でカナディアンカヌーやSUPなども体験できます。

宮崎市観光サイトより

青島の「Byron Bay Coffee Company」

まずは2023年7月にオープンしたばかりの「Byron Bay Coffee AOSHIMA」へ。そう、最後のカフェはここ!なんて素敵な空間🌿

東京の浜松町にあるByron Bay Coffeeにはずいぶん前に一度行ったことがあり、知っていたお店。

そもそも2016年12月に初めてオーストラリアに行ってから、次はバイロンベイに行きたいなーと思い続けていて……(近々実現せねば!)

多分この青島店は、現地の雰囲気をかなり表現しているのでは?と予想!

※この頃はミラーレスカメラで撮影し始め、確か「POPモード」など謎に色が強い加工をしていたのが悔やまれるけど笑、一応シェアしておきます ↓

あわせて読みたい
オーストラリアのケアンズ&メルボルンへ家族旅行!子連れ旅の概要・旅行記一覧・感想【2016年12月】 2016年12月に、夫・当時小学2年生の息子・私、家族3人でオーストラリアのケアンズ&メルボルンに行きました! 家族で初の海外旅行!しかも子連れでの旅はいかに?? こ...
バナナブレッドとフラットホワイト

やはり定番のバナナブレッドとフラットホワイト。

事前のリサーチでどうやら使い捨てカップしかなさそうだなと思い、マイカップを持参して正解!そういうところを今後改善してほしいなぁ。

「AOSHIMA PICNIC CLUB」で野菜購入&おしゃべり

隣の「AOSHIMA PICNIC CLUB」の中で野菜を販売していて、気になって入ってみた。これまた大正解!

私がやっているパーマカルチャー関連活動の話をすると「それなら絶対に綾町に行くといいよ」と何人かの方にオススメされていて。

今回の旅では行けなかったけどその綾町の野菜などを売っていて、せめてと持って帰るのに軽そうなルッコラと切り干し大根をゲット😆

そして男性スタッフさんとお話を。彼は確か熊本にお店を持ちながら、ご夫婦でここの立ち上げに関わっているらしい。(県がちがってたらごめんなさい)

この運営会社で働く人たちや社風も含め、なんだかやたらとフラットで風通しが良さそう!ますますなんでこんなに青島が魅力的なのかがわかった。

どれだけ言葉で書いても、写真で見せてもきっと伝わりきらないだろうから、ぜひ行ってみてほしい!

「宮交ボタニックガーデン青島」

最後の最後に、「宮交ボタニックガーデン青島」へ。青島神社側にある無料のガーデンで、熱帯性植物好きとしては行かねばと!笑

温室にて。ひとり旅だから仕方なくこういう自撮りばかりになる笑

今度からはもう少し工夫して撮るか?そういえば短い自撮り棒も持参していたのに、すっかり存在を忘れていた😅

青島とヤシの木
永遠に見ていられる景色!

ガーデン側にあるお土産やさんに寄って急いでお土産を購入し、アオアパへ戻って最後に荷物を詰めて。

ちょうど住人さんたちがカウンターに集っていて、私もジョインさせてもらいお茶と梨をご馳走になった😊お世話になりました!

宮崎空港とカレー

アオアパオーナーの宮木さんが空港まで車で送ってくれることになり、道中にまた面白い宮崎話を。

そして宮崎空港に到着し、飛行機まで少し時間があったのでランチ。カレーに始まり、カレーに終わった旅!

最後に

青島でサーフィン!

初の宮崎4泊5日ひとり旅の旅行記。前編8,000文字超え・後編7,000文字超え、と長文&大量の写真なのにここまで読んでいただきありがとうございました!

ここで旅の総括を始めると、またしてもすごいことになりそうなので短めに〆よう😂

多分好きになるだろうから最初の旅にそこまで詰め込まなくてもいいや、と行く前に思って組んだ旅程。

今回はレンタカーを借りずに電車移動のみだったから、残念ながら断念した地域もあるし、ちょうど定休日で行けなかったお店もあり。

現段階で次回は必ず行きたい!と思っているのは

  • 青島の「天空カフェ ジール」
  • 循環型の暮らしを営む綾町

あとはとにかく青島に長期ステイして、リモートワークしながらサーフィンを満喫したいなぁ✨

どこを旅するときでも、常に「そこに住みたいか」「自分が暮らしに求めるものは何か」といった視点を持ち続けてきた私。今回の宮崎旅でそれがよりクリアになった。

そして住んでいる湘南エリア・鎌倉以外で今すぐ住み始めるなら、沖縄本島を抜いて宮崎の青島がTOPに君臨しました!

また行くね青島❤️

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

投げ銭のお願い

このブログはどの記事も自身の体験をもとに執筆しており、私のLOVE&ENERGYを注いでいます。

もし「役に立った!」「読んで良かった!」と感じ、Romyの活動サポートがしたいと思っていただけたら、オンライン決済システムsquarePayPal.meを通じてぜひ投げ銭をお願いします。

Thank you for your support😊❤️

この記事を書いた人

Romy | ロミーのアバター Romy | ロミー 〜Celebration of Life〜

横浜・NY育ち。鎌倉暮らし7年半を経て2023年末に家を手放し、移動生活をスタート。「いのちの祝福」をコンセプトに、地球一つ分のパーマカルチャー的な暮らしの実験と旅をしているモバイルボヘミアン。 4月から7月はスタッフとしてピースボートに乗船!
→ Romyのプロフィール詳細

目次