オーストラリアらしい動物に会える『Melbourne Zoo』- メルボルン中心部からトラムや電車で行ける動物園

メルボルンズー

【2016年12月★オーストラリア旅行記 〜ケアンズ&メルボルン〜 】
オーストラリアらしい動物に会える『Melbourne Zoo』- メルボルン中心部からトラムや電車で行ける動物園

Romyです。
夫と当時小学2年生の息子と私、3人での家族旅行の様子を綴っています!
→ 旅の概要と旅行記一覧、総まとめはこちらの記事をご覧ください

 

メルボルンの中心部から30分ほどで行けて、オーストラリアらしい生き物がたくさん見られる動物園のご紹介です!

(ちなみに、前日の後半でカメラを落としてしまい、朝使おうと思ったらシャッターが下りなくなりました… ゆえにこの日からはiPhoneの写真です)

 

まずは観光案内所『Melbourne Visitor Centre(メルボルンビジターセンター)』で動物園の場所を確認

メルボルンの中心的存在である『Flinders Street Station(フリンダーズストリート駅)』

 

そこから道を渡ったところに、観光案内所『Melbourne Visitor Centre(メルボルンビジターセンター)』があります。

外観は撮り忘れたけど近代的な作りで、中はこのようにえらくオシャレというか、整った設備でびっくりです!

 

ここには様々なツアーのパンフレットが置いてあったり、スーベニアショップもあります。

何か聞きたい場合はこのカウンターで対応してもらえて、私は動物園への行き方を確認しました。

(メルボルンはトラムやら電車やらいろいろあるんだけど、旅行者にはわかりづらくて…)

 

いざ!トラムに乗って『Melbourne Zoo(メルボルンズー)』へ

一番簡単そうな行き方を教えてもらい、動物園に行けるトラム乗り場まで5分ほど歩き、20〜30分くらい乗って動物園に到着!

パンフレットはこちら

メルボルンズー メルボルンズー

 

偏りはありますが、我が家が見た動物などをご紹介していきますね。

まずは巨大なカエル発見!

残念ながらこの子の本物はいなかったです。

 

爬虫類コーナー

さて、まずは息子が大好きな爬虫類コーナーに突入です(笑)

きれいな色のカエル!

メルボルンズー

 

エリマキトカゲもいた〜〜〜!!!!

メルボルンズー

 

もちろん他のトカゲだっていますよ〜!

メルボルンズー

 

なんだかみんな作り物みたいで可愛い♪(すっかり爬虫類が好きになってきたよ…)

メルボルンズー

 

鳥類

広場でおやつを食べていたら、周りにカモメがたくさん!

あっ、この子たちは展示されている動物じゃないけどね(笑)

 

足の形が不思議な鳥や

メルボルンズー

 

このくちばしはペリカンかな??

メルボルンズー

 

エミュー!

メルボルンズー

 

その他オーストラリアと言えば!な動物など

カンガルーはくつろいでいました

メルボルンズー

 

しっぽの長い、ちょっと不思議なサルがいたり

メルボルンズー

 

小さいペンギンが可愛かった!!

メルボルンズー

 

他にもいわゆる動物園の常連たちももちろんいたんだけど、写真は撮らなかったり、そもそも見にも行かなかったり(笑)

興味がある動物だけ見て回りました。

 

こんなコーナーも

途中でこんな面白いものも…

 

環境問題について子どもたちにわかりやすく伝えるために、トイレットペーパーやらトイレやらが置いてありました(笑)

わかりやすいんだかわかりにくいんだか…

 

ここは蝶と虫のコーナーへの入り口。

なんとなく入らなかったんだけど、あとになって見ておけばよかったと後悔…

 

帰りは電車でフリンダースストリート駅に戻りました

10:30から13:30頃まで3時間ほど動物園を満喫し、外に出るとたまたま電車の駅が目の前に!

なので帰りは電車でフリンダーズストリート駅まで戻りました。

こっちの方がトラムより楽でしたよ!

 

まとめ

ということで、メルボルンズーのご紹介でした!

サクッと手軽にオーストラリアらしい動物に会いたいなら、ぜひ行ってみてくださいね♪

『Melbourne Zoo(メルボルンズー)』

入場料 大人 $32.50 / 子ども $16.30(ただし、土日祝は無料だそうです!)
営業時間 9:00〜17:00
行き方 トラム、電車、バスでメルボルン中心部から行けます

 

日本の感覚で行くと、動物園にしては入場料が高い!!

あとで来たカードの請求書を見たら、日本円にして3人分で7,000円ですからね(><)

 

【2016年12月★オーストラリア家族旅行記 〜ケアンズ&メルボルン〜 】
↓ 概要と目次、総まとめはこちらの記事をご覧ください ↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住のトラベルライター(@tripnote)/ブロガー/バイリンガルナレーター。
趣味は旅、ミラーレスカメラで海辺の夕焼けを撮影すること、サーフィン、コーヒー&スイーツが美味しいカフェ巡りなど。
このブログは、海が好き!旅が好き!自由で自然と共にあるライフスタイルを生きたい!そんな方に向けて日々更新中です。
→ プロフィール詳細はこちら