【アービット】鎌倉の材木座にあるグルテンフリー・シュガーフリーの可愛いお菓子屋さん

鎌倉・材木座「アービット」
スポンサーリンク

私が住む鎌倉の材木座海岸近くは住宅街なので、観光客の方は比較的少ないエリアですが……

実は美味しい飲食店がちょこちょこあるんですよ 😎

この記事では、近所のママたちに人気のグルテンフリー・シュガーフリーのお菓子屋さん「アービット(AaH bit)」をご紹介します!

Romy
店内は小さめですが、イートインコーナーがあります!

もちろんお菓子はお持ち帰りできるので、お土産にもぜひ♪

 


鎌倉・材木座の住宅街の中にある「アービット」

鎌倉・材木座「アービット」

鎌倉駅東口から海に向かって歩いて約16分、静かな住宅街の中にある「アービット(AaH bit)」

目印はこの黄色と青を基調とした入り口です!

鎌倉・材木座「アービット」

小さな店内にはイートイン用の席が8席ほどあり、ショーケース付近には小さくて可愛いお菓子がたくさん並んでいます 🙂

 

シュガーフリー・グルテンフリーのお菓子は種類も豊富!

鎌倉・材木座「アービット」

「アービット」のお菓子の特徴その1は、白砂糖不使用ということ。

その代わり、この写真の右上にある「アップルハニー」という低GIの天然甘味料が使用されています。

砂糖は摂取すると血糖値が急激に上がるけど、これは低GIだから上がりにくいわけですね 😎

鎌倉・材木座「アービット」

特徴その2はグルテンフリー(小麦粉不使用)であること!

代わりに米粉やナッツの粉を使っているそうです。

小麦粉が入っていないお菓子は世の中少ないので、アレルギーがある方には嬉しいですよね♪

鎌倉・材木座「アービット」

そのほかにも、ショートニング・マーガリン不使用だったり、アルミニウム不使用のベーキングパウダーを使用している、といった特徴があります!

健康に気を使う方でも安心して食べられますね♪

でもそれだけじゃないんですよ〜!

 

スポンサーリンク

体に優しいだけではない!濃厚で美味しいんです♡

鎌倉・材木座「アービット」

こちらはNYチーズケーキ。

鎌倉・材木座「アービット」

アボカドチョコケーキ。

どちらもサイズとしては小さいんだけど、ものすっごく濃厚で美味しいんです 😆 !!

ずっしり詰まっているから、食べ応えがあるんですよね。

Romy
「体に優しい=味は微妙」なものが以前は多かった気がしますが(笑)

アービットのお菓子はそういう思い込みを一気に覆しますよ!

 

「アービット」の営業時間・アクセス・地図など

「アービット(AaH bit)」

  • 住所:神奈川県鎌倉市材木座3-9-26 A2
  • アクセス:JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」下車、東口より徒歩約16分
  • 電話番号:046-753-9739
  • 営業時間:10:00〜18:00 ※季節により変動
  • 定休日:水曜
  • 備考:クレジットカード使用不可

→ 公式サイト
→ Facebookページ
→ Instagram
→ 食べログ

※2018年7月の情報を元に記載しています。必ずご自身で確認の上ご利用下さい

 

まとめ:可愛くて体に優しいお菓子はお土産にもぜひ!

鎌倉・材木座「アービット」

左:アーモンド たまり醤油/右:デーツ

お店の方によると近所のママさんの利用がとっても多いそうです。

「子どもに安心して食べられるおやつをあげたい!」と願うママには、とっても心強い存在ですよね!

でもアレルギーや健康のためだけでなく、甘いもの好きの方はきっと気に入るはず♪

ケーキや焼き菓子など、どれも見た目が可愛いしお土産にもオススメです。

Romy
由比ヶ浜や材木座海岸にお越しの際にはぜひ、立ち寄ってみてくださいね!

その他のオススメ鎌倉情報

近くにあるカフェ「ミルコーヒー&スタンド」もお菓子とコーヒーがとっても美味しいですよ♪

【ミルコーヒー&スタンド】鎌倉・材木座海岸すぐ!丁寧に淹れたコーヒーとスイー...
鎌倉・材木座海岸すぐそばにあり、本格コーヒーが飲める素敵なカフェ「ミルコーヒー&スタンド(mill coffee & stand)」。鎌倉駅から歩くと20分強ありますが、海辺...

 

 

 

★RomyのSNS

ときどき鎌倉情報を投稿しています!(フォローはお気軽に)

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住ブロガー。湘南鎌倉での暮らしやグルメ・観光・お出かけ情報、国内・海外旅行記などを発信しています。旅、カフェ、踊ること、サーフィン、海で見る夕焼けが好きな30代後半、小4男子のママ。 バイリンガルナレーター/Webメディア編集者/ベリーダンス講師としても活動中。

Romyのプロフィール&このブログについて