「メルボルン動物園」は子連れ観光にオススメ!中心部からトラムや電車で行けます

メルボルンズー
スポンサーリンク

メルボルンで子連れで楽しめる観光スポットってけっこう少ないですよね……

そんな中、メルボルンの中心部から30分ほどで行けて、オーストラリアらしい生き物がたくさん見られる動物園「Melbourne Zoo(メルボルン動物園)」はオススメ!

ちなみにトカゲの写真が何枚か登場しますので、もし苦手な方は下の目次からスキップしてくださいね(笑)

まぁそもそもこの記事の頭にすでに登場してますが……

Romy
2016年12月、夫・当時小学2年生の息子・私、家族3人でオーストラリアのケアンズ&メルボルンに行ったときの内容になります!

 


まずは観光案内所「メルボルンビジターセンター」で動物園の場所を確認

メルボルン『フリンダース・ストリート駅(Flinders Street Station)』

メルボルンの中心的存在である「Flinders Street Station(フリンダーズストリート駅)」

この斜め向かい側に観光案内所「Melbourne Visitor Centre(メルボルンビジターセンター)」があります。

外観は撮り忘れたけど近代的な作りで、中はこのようにえらくオシャレというか、整った設備でびっくりです!

メルボルンビジターセンター

ここには様々なツアーのパンフレットが置いてあったり、スーベニアショップもあります。

何か聞きたい場合はこのカウンターで対応してもらえて、私は動物園への行き方を確認しました。

(メルボルンはトラムやら電車やらいろいろあるんだけど、旅行者にはわかりづらくて…)

 

「メルボルン動物園」へのアクセスはトラム・電車・バス

メルボルン中心部からメルボルン動物園までは、トラム・電車・バスで行けます。

  • トラム:「Tram 58 “West Coburg to Toorak” 」
メルボルン動物園へのアクセス(トラム)

私たちが行きに利用したルート。

フリンダーストリート駅からトラム乗り場「William Streett(ウィリアムストリート)」まで約18分歩いて、トラムに乗ってから約20〜30分で動物園に到着しました!

ホテルがウィリアムストリート近くにある方は便利ですね。

 

  • 電車:フリンダーストリート駅から「Upfield line 」に乗車、「Royal Park Station」下車すぐ
メルボルンズー

帰りに利用したルート。

動物園の目の前に電車の駅があり、フリンダーズストリート駅まで戻れてトラムより楽でした!

 

  •  バス:「route 505 from Moonee Ponds to Melbourne University」に乗車、動物園の目の前に着く

こちらはHP情報ですが、私はメルボルンでバスは全く利用しなかったので詳細がわからずすみません。

「Melbourne Zoo(メルボルン動物園)」

  • 入場料:大人 $32.50 / 子ども $16.30(子どもは土日祝は無料だそうです!
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 行き方:メルボルン中心部からトラム、電車、バス

 

スポンサーリンク

「メルボルン動物園」で見た動物をご紹介!

偏りはありますが、我が家が見た動物などをご紹介していきますね!

パンフレットをご覧いただくとわかるように、ゾウやキリン、ゴリラなど一般的な動物は一通りいます。

メルボルンズー

まずは巨大なカエル発見!この子の本物はいなかったです……

息子が楽しみにしてたので残念。

爬虫類コーナー

さて、まずは息子が大好きな爬虫類コーナーに突入です(笑)

きれいな色のカエルやトカゲがたくさん!

エリマキトカゲもいましたが、残念ながら走っている姿は見られませんでした(笑)

息子の影響ですっかり爬虫類が好きになってきた私ですが、ちょっと苦手かな〜という方もぜひ見てみてください!

じっくり見ているととても興味深いですよ♪

鳥類

メルボルンズー

広場でおやつを食べていたら、周りにカモメがたくさん!

この子たちは展示されている動物じゃないけどね(笑)

足の形が不思議な鳥やペリカン。

メルボルンズー

エミューがでかい!

その他にもカンガルーや小さなペンギンなど

メルボルンズー

カンガルーはくつろいでたり

メルボルンズー

しっぽの長い、ちょっと不思議なサルがいたり

メルボルンズー

小さいペンギンが可愛かった!!

他にもいわゆる動物園の常連たちももちろんいたんだけど、写真は撮らなかったり、そもそも見にも行かなかったり……

我が家はけっこう興味の対象がマニアックなのか(笑)、興味がある動物だけ見て回りました。

それでもあっという間に時間は過ぎていくくらい、見応えがあります!

園内に巨大トイレットペーパーがあったりもします!

メルボルンズー

途中でこんな面白いものも……

環境問題について子どもたちにわかりやすく伝えるために、トイレットペーパーやらトイレやらが置いてありました!

わかりやすいんだかわかりにくいんだか(笑)

メルボルンズー

ここは蝶と虫のコーナーへの入り口で、なんとなく入らなかったけどあとになって見ておけばよかったと後悔……

 

まとめ:メルボルン子連れ旅行にオススメの観光スポットです!

我が家は10時半から13時半頃まで3時間ほど動物園を満喫し、メルボルンの街中に戻りました。

サクッと手軽にオーストラリアらしい動物に会いたいなら、ぜひ「メルボルン動物園」に行ってみてくださいね♪

日本円にして3人で約7,000円と、入場料が高めなのが難点ですが……

Romy
でも子どもをのびのびと走り回らせられるので、子連れ旅行には動物園は必須かな 😆

 

 

★RomyのSNS(フォローはお気軽に)

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住ブロガー。湘南鎌倉での暮らしやグルメ・観光・お出かけ情報、国内・海外旅行記などを発信しています。旅、カフェ、踊ること、サーフィン、海で見る夕焼けが好きな30代後半、小4男子のママ。 バイリンガルナレーター/Webメディア編集者/ベリーダンス講師としても活動中。

Romyのプロフィール&このブログについて