I am nature. 私は自然そのものだと、鎌倉・材木座海岸で泳いで体感した夏の始まり

海とRomy

この記事にはプロモーションが含まれています

私の鎌倉暮らしの一コマを✨

ここ数日、ごみ削減やパーマカルチャーのことなど、自分のやっている活動をどうしていけばいいのかいろいろと考えて悩み、頭がパンパンに。脳みそが沸騰しそう!

暑さによる身体全体の倦怠感もあり、家でゆっくりするか迷ったけど……

こういうときは好きなことをして、思いっきり身体を動かしたほうがスッキリするかも?と、夕方からチャリを走らせて海へ!

目次

夕暮れどきの材木座海岸へ

海がちらり

場所は、鎌倉の中でもいくらか人が少なめの材木座海岸(そして海の家もない一角があるのです)。

鎌倉生活がこの夏でついに8年目に突入。すっかり海とともにある暮らしになった。

毎年このビーチに通い、ただただ落ちていく美しい夕焼けに圧倒される日もあれば、サーフィンに挑戦していた時期もあり、波が穏やかな日はゆらゆらと泳ぐことも。

マンサンダルを脱いで

この春、鎌倉の山側に引っ越して海がすこーし遠くなってしまった。前ほどパッと行ってパッと帰ってくる気軽さはなくなり、「よし!入水するぞ!」とちゃんと準備。

中に水着を着て、海用のショートパンツ&速乾性のあるTシャツというスタイル。これなら帰りに街中を通ってもそこまで変じゃない??笑

水との一体感

海と夕焼け

17:30頃の海。あぁーやっぱり夏の夕焼けは、材木座側から見るこの感じが好き!!(写真の右奥が由比ヶ浜海岸で、海の家でにぎわっているエリア)

しばしこの景色を味わってから入水。足を浸ける日は度々あったけど、今年は全身しっかり海の中にはまだ入ってなくて……

30分ほど、サーファーたちの間に入って行ったり来たり泳いだり、プカプカ浮いたり、水と戯れて自分の中にある「野性」を少し取り戻せた感覚。


自然の中で身体を動かすのは気持ちいい。最高すぎて、途中で少し泣いたくらい笑

いろんな感情と記憶がフワーッと湧いてきて、辛かった思い出も、悲しい出来事やどうにもならなかったこと、今の幸せな毎日、全部を味わう。

それらを全てひっくるめて「生きてる」という実感と感謝が内側から溢れてきた。

波に揺られているうちに無駄な力が抜けて、自然の流れの中に身を置けるようになると、「私は大いなる自然の一部なんだ」ともろに感じられる。水との一体感が心地よい🐠

こればかりはどれだけ言葉を並べ立てても、知っている人にしかわからない感覚だと思うから、ぜひやってみてほしい!

海と夕焼け

そして水の中からしか見られない、水面にキラキラと輝く太陽の光✨

さすがに写真には撮れなかったけど、平泳ぎして顔が水面ギリギリのときの美しさと言ったら!

こんな風に思いっきり遊ばせてもらえる美しい地球よありがとう!夏を楽しむぞーーー

自然とのつながりを取り戻す時間を日常に

海と夕焼け

私のライフワークであるダンスやマッサージなどのボディワーク、パーマカルチャー、ごみ削減活動……

全てに共通して大切にしているメッセージが「私たちは自然の一部である。自然そのものである」ということ。

残念ながら今の社会では、「自然と人間」「自然vs人間」というようにすっかり切り離されて語られてしまっているけれど、本来は人間も自然なわけで。

一人一人が自然とのつながりや一体感を取り戻すことで、自分のことも、周りの人のことも、そして他のあらゆる生き物のことも大切にできるようになる。

だって全てはつながっているのだから🌎✨

無心になって、ただただ自然の中で思うがままに遊ぶ時間をぜひ日常の中に!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

投げ銭のお願い

このブログはどの記事も自身の体験をもとに執筆しており、私のLOVE&ENERGYを注いでいます。

もし「役に立った!」「読んで良かった!」と感じ、Romyの活動サポートがしたいと思っていただけたら、オンライン決済システムsquarePayPal.meを通じてぜひ投げ銭をお願いします。

Thank you for your support😊❤️

この記事を書いた人

Romy | ロミーのアバター Romy | ロミー 〜Celebration of Life〜

横浜・NY育ち。鎌倉暮らし7年半を経て2023年末に家を手放し、移動生活をスタート。「いのちの祝福」をコンセプトに、地球一つ分のパーマカルチャー的な暮らしの実験と旅をしているモバイルボヘミアン。
→ Romyのプロフィール詳細

目次