【タイの食堂 KAMAKURA Baan Hua Don(バーン フア ドン)】鎌倉駅前で本場のタイ料理を味わおう!

鎌倉駅西口「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン フア ドン)」
スポンサーリンク

地元鎌倉で「タイ料理が食べたい!」と突然言い出した夫。

ふと、鎌倉駅前にあるタイ料理屋さん「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン フア ドン)」のことを思い出し……

知り合いにも評判が良かったので、家族で夕飯を食べに行ってみることに。

結論としては、みんな大満足!とても美味しい、本場らしいタイ料理が味わえました 🙂

長くタイに住んでいた方とタイ人の奥様がやられているタイ食堂、ご紹介していきます!

Romy
2018年10月来店時の内容になります!

 


鎌倉駅西口すぐ。線路沿いにある「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don」への道案内

「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン フア ドン)」はJR鎌倉駅のホーム目の前にあり、西口を降りて約2分とアクセス良好!

お隣にイタリアン「オステリア ジョイア」、さらに行くとハンバーグの「鎌倉 六弥太」があります。

「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン フア ドン)」への道案内

西口改札を出て右奥の路地を入り、線路沿いの細い道をまっすぐ進みます。

左側に「ダンデライオンチョコレート鎌倉店」があり、上の写真のように右側に駐輪場があります。

サンフランシスコ発の本格チョコレートバー&カフェ「ダンデライオンチョコレート鎌倉店」が、2017年2月にオープン。たまたま初日に行って以来すっかり常連となった鎌倉...

 

ここからは夜訪れたときの写真になります!

外にメニューがざっくりと出ているので、安心ですね♪

「駐輪禁止」とかなり念押しされます(笑)

雑然としていて、期待が膨らむこの入り口!

 

タイの雰囲気漂う店内!メニューは辛くないものもあります

私たちが訪れたのは、三連休のど真ん中の日曜。

すでに2組お客さんがいらっしゃったので、カウンター席に座りました。

かなり小さい店内ですが、そこかしこに飾られているものがいかにもタイっぽい!

メニューは、いわゆるタイ料理らしい辛いものはもちろん、あっさり系もあるので辛いものが苦手な方でも安心 🙂

麺類は「極細米麺」「中細米麺」「生米太麺」の3種類から選べます。

「生米太麺(生センヤイ)」は、日本では入手困難で食べられるお店が限られているらしいですよ!

パッタイや揚げ物も複数あります。

炒め物やもちろんグリーンカレーも!

お子様サイズメニュー(9歳以下)もあるので、子連れでも比較的入りやすいのでは?

Romy
上記は全メニューではなく、一部を撮影させていただきました。

 

スポンサーリンク

注文したお料理のご紹介(ディナー)

まず最初に登場したのは、息子が注文した鶏肉のあっさりらーめん(@1,080円)

これ、スープがめちゃくちゃ美味しいです!

極細米麺を選んだら、想像以上の細さでした(素麺より細い?)。

Romy
小学4年生の息子には、ちょっと量が多かったようです。

まぁ夫が平らげましたが 😆

次に来たのは、夫が頼んだトムヤムらーめん(@1,250円)

ザ・タイ料理!ですね 😎

辛いのがそこまで得意じゃない私は、ひと口食べた瞬間口の中がヒーヒーしましたが(笑)、酸味ももちろんしっかり効いていて深い味!

そして最後に到着したのが、私が注文した炒め生太米麺(@1,200円)

パッタイの太い版という感じですね!

Romy
ちなみに汁物にはサラダが付いていて、炒め麺にはサラダとスープが付いていました。

パッと見なんだかよくわからないかもしれませんが(笑)

きしめんの倍はありそうな太さの麺が、プニュっとしていてクセになる美味しさ!

こちらは辛くなくて、添えてあるチリソースをお好みで付けて食べます。

 

「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don」の営業時間・アクセス・地図など

「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン・フア・ドン)」

  • 住所:神奈川県鎌倉市御成町13-40 ヒラソル鎌倉1F
  • アクセス:JR横須賀線・江ノ島電鉄線「鎌倉駅」下車、西口より徒歩約2分
  • 電話番号:0467-67-0967
  • 営業時間:11:30〜15:00、18:00〜21:30(L.O 21:00)
  • 定休日:不定休 ※下記のFacebookページでご確認ください
  • 備考:クレジットカード使用不可

→ Facebookページ
→ 食べログ
→ ぐるなび

※2018年10月の情報を元に記載しています。必ずご自身で確認の上ご利用下さい

まとめ:鎌倉駅前で本場さながらのタイ料理をぜひ!

「タイの食堂 Kamakura Baan Hua Don(バーン・フア・ドン)」のデメリットを上げるなら、

  • メイン料理は一皿で1,000円を超えていて、タイ料理のイメージからすると高いと感じるかも
  • お料理が出てくるのに時間がかかる(一皿ずつ、間を空けて出てきました)

の2点かなと。

でもサラダやスープが付いてくるし、とにかく味が素晴らしかった!

本場さながらのタイ料理を食べたいと思ったときには、ぜひ行ってみてくださいね 🙂

その他のオススメ鎌倉情報

鎌倉駅西口の御成通りにあるエスニック系のカフェ&バー「パクチー屋+バル」もいかがですか?

ここ数年ですっかり「パクチー」が市民権を得てきたようで、各地にパクチー専門店ができましたね〜そしてなんと!鎌倉にもパクチー料理が食べられるお店があるのでご紹...

 

 

 

★RomyのSNS

ときどき鎌倉情報を投稿しています!(フォローはお気軽に)

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住ブロガー。湘南鎌倉での暮らしやグルメ・観光・お出かけ情報、国内・海外旅行記などを発信しています。旅、カフェ、踊ること、サーフィン、海で見る夕焼けが好きな30代後半、小4男子のママ。 バイリンガルナレーター/Webメディア編集者/ベリーダンス講師としても活動中。

Romyのプロフィール&このブログについて