逗子マリーナは絶好の撮影スポット!ヤシの木に囲まれて南国気分を味わおう♪ 子連れでも楽しめます

逗子マリーナの「小坪飯島公園」
スポンサーリンク

東京・神奈川周辺で気軽に南国ムードが楽しめる場所と言ったら「逗子マリーナ」

その名の通りヨットハーバーがあり、リゾートマンションや結婚式場、人気のロンハーマンカフェもあり……

いわゆるデートスポット&今ではインスタスポットですが、私のような子連れでも楽しめる場所なんですよ♪

都心から約1時間で行ける、まるでハワイや外国リゾートのようなヤシの木パラダイスを写真でご紹介します 😎

 


海浜型総合リゾート「リビエラ逗子マリーナ」

リビエラ逗子マリーナ

引用元:リビエラ逗子マリーナHP

正式名称「リビエラ逗子マリーナ」は、ヨットハーバー、リゾートマンション、結婚式場、飲食店など複数の施設から成るリゾートエリア。

逗子マリーナ

ヤシの木が立ち並び、海外のリゾートホテルの敷地を歩いている気分になれちゃいますよ!

逗子マリーナにある飲食店は

の3店舗。

やはりロンハーマンカフェは大人気のようで、以前通ったときはオープン前から並んでいる人もいました。

 

Romy
もちろんそういった飲食店や施設の利用もいいですが、敷地内をお散歩したり公園に行くだけでも気軽に南国ムードが楽しめます!

ここからは公園の写真をご紹介しますね 🙂 

 

昼間と夕暮れ時の小坪海浜公園

逗子寄りの小坪漁港の横にある「小坪海浜公園」は、周囲をぐるりとヤシの木に囲まれた芝生のある公園。

逗子マリーナの「小坪海浜公園」

日本じゃないみたいな景色ですよね!

逗子マリーナの「小坪海浜公園」

小さな遊具があるし、ここを走り回っているだけでも子どもは楽しいはず♪

ここから見る夕焼けは本当に最高です……♡

スポンサーリンク

昼間と夕暮れ時の小坪飯島公園

お次は、鎌倉の材木座海岸側にある「小坪飯島公園」

先ほどの小坪海浜公園から歩いて5分くらいです。

芝生でよくサッカーや野球の練習をしていますが、その横にちょっとした遊具や、木登りできる木があります!

逗子マリーナから見える材木座海岸

上から見下ろす材木座海岸は、日によってはこんなに透き通っていることも!

鎌倉・材木座海岸の横にある「和賀江島」

下に降りると「和賀江島」というスポットがあり、磯遊びできます。

貝殻やヤドカリ探しなどをしたり、ここからヤシの木を見上げて撮影するのもオススメ!

詳しくは「鎌倉・材木座海岸の奥にある『和賀江島』で磯遊びやビーチコーミングしよう♪ 干潮時の玉石群はすごい!」へどうぞ♪

鎌倉の海と言ったら、由比ヶ浜海岸に行って海水浴を楽しんだりのんびり過ごす方が多いと思いますが……左の材木座海岸のさらに奥、逗子マリーナのすぐそばにある「和賀江...

 

もちろんここでもヤシの木と夕焼けの写真が撮れます!

空が澄んでいるときは富士山だって見えますよ 🙂

 

逗子マリーナへのアクセスはバスが便利。駐車場もあり!

逗子マリーナの夕焼け

逗子マリーナは基本的に鎌倉駅・逗子駅からバスでのアクセスになります。

また逗子マリーナの駐車場が150台分あり、レストランなどを利用すると優待があるそうです(1時間の利用が800円、以降30分毎に400円)。

ちなみに鎌倉駅からのんびり40分くらいかけて、「由比ヶ浜海岸〜材木座海岸〜逗子マリーナ」と歩くこともできますよ!

バス停「リビエラ逗子マリーナ前」

  • 住所:神奈川県逗子市小坪5-21(バス停の住所を記載)
  • 鎌倉駅からのアクセス:東口より京急バス「鎌40・41 小坪 逗子駅 ゆき」に乗って約12分、「リビエラ逗子マリーナ前」下車 → 時刻表
  • 逗子駅からのアクセス:京急バス「鎌40・41 小坪 鎌倉駅 ゆき」に乗って約20分、「リビエラ逗子マリーナ前」下車 → 時刻表

 

まとめ:逗子マリーナでヤシの木に囲まれて南国気分に浸ろう♪

「あ〜リゾートに行きたい!」と思ったときに、気軽に南国に行った気分になれる逗子マリーナ。

冬行くとさすがにちょっと寂しい雰囲気もありますが(笑)、ヤシの木好きにはたまらない空間です!

カップル、友人どうし、家族連れでもぜひ行ってみてくださいね 😎

その他のオススメ周辺情報

 

★RomyのSNS
ときどき鎌倉情報を投稿しています。フォローはお気軽にどうぞ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉在住ブロガー。湘南鎌倉での暮らしやグルメ・観光・お出かけ情報、国内・海外旅行記などを発信しています。旅、カフェ、踊ること、サーフィン、海で見る夕焼けが好き。30代後半、小4男子のママ。 仕事はバイリンガルナレーター/Webメディア編集など。湘南メディア「Feel SHONAN」にコラム執筆中。

Romyのプロフィール&このブログについて